주요 기사 바로가기

韓経:長期戦に備えるサムスン電子…国産フッ化水素のテストに着手

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.07.18 08:29
0
サムスン電子やSKハイニックスなど韓国半導体企業が核心素材の国産化と調達先多角化を本格的に始めた。韓国素材企業と中国・台湾企業の製品をテストし、「日本産素材の代替の可能性」を調べている。経済界では日本政府の輸出規制が長期化するという見方があり、韓国企業が素材の国産化・多角化に死活をかけているという分析が出ている。こうした動きが海外メディアを通じて日本に伝えられ、現地ではサムスン電子とSKハイニックスの「脱日本戦略」に対する懸念も強まっていることが分かった。

◆中国工場でも製品試験

関連業界によると、サムスン電子とSKハイニックスは国内企業が生産したフッ化水素(エッチングガス)の品質をテストしている。国内企業が中国や台湾などから核心原料を輸入した後、これを加工した製品がテスト対象という。フッ化水素は半導体工程で回路に基づいた「食刻」と、食刻後に不純物を除去する「洗浄」の工程に使われる。半導体微細工程の核心素材であるため、これまで韓国企業は純度99.999%以上の製品をステラケミファなど日本企業から主に調達してきた。

韓国半導体企業が中国や台湾など海外フッ化水素生産企業の製品を現地でテストする動きもみられる。ある韓国企業は中国工場で現地企業の製品をテストしているという。半導体企業の関係者は「テストには2、3カ月ほどかかる」と話した。

韓国の半導体企業が中国企業から大量のフッ化水素を調達するという海外メディアの記事も出てきた。中国上海証券報インターネット版は16日、「中国山東省にある化学企業の濱化グループが韓国の一部の半導体企業からフッ化水素を注文を受けるのに成功した」と報じた。

日本の共同通信は上海証券報を引用して関連内容を伝え、「日本がフッ化水素の韓国輸出規制を強化したため、韓国企業が代わりの調達先に中国を選んだ可能性がある」と分析した。

サムスン電子とSKハイニックスは報道に関連し、「濱化グループと契約をしていない」と釈明した。業界は、サムスン電子またはSKハイニックスにフッ化水素を納品する国内素材企業が注文したと把握している。

◆毎日在庫確認して投入量を最適化

韓国企業は在庫の確保にも総力を挙げている。「乾いたタオルを絞るように」素材を節約しながら使用している。素材の投入量を品質に支障をきたさない「最小限」の水準に制限し、毎日在庫数値を確認している。全国の工業団地を回りながら在庫素材を確認することも購買チーム職員の主な日課となった。

国内企業がこのような動きを見せるのは、日本の輸出規制が簡単には解除されず長期化する可能性が高いからだ。文在寅(ムン・ジェイン)大統領が15日、日本の経済報復をめぐり「重大な挑戦」と述べるなど、韓日間の対立構図が形成され、企業は超緊張状態で非常計画を準備している。

◆「脱日本」は可能か

日本現地では韓国企業の脱日本の動きに敏感な反応が出ている。日本経済新聞は16日、「サムスンが日本でなく第3の企業の製品をテストしている」とし「これまでサムスン電子は品質や納期などを考慮し、日本産以外のフッ化水素を使用することを考慮しなかったが、今回の日本政府の輸出規制で考えが変わっている」と報じた。また「韓国半導体企業が日本素材企業からの離脱を本格化する可能性が低くない」と憂慮した。

水面下ではすでに脱日本の議論が行われている。サムスンディスプレイは最近、SKCに折り畳み式スマートフォンに入る透明ポリイミドの量産日程などを問い合わせたことが分かった。サムスンディスプレイは透明ポリイミドを住友化学から調達している。業界では日本政府の素材輸出規制拡大の可能性を念頭に置いてサムスンディスプレイが「調達先多角化」に入ったという分析が出ている。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP