주요 기사 바로가기

韓国検察、「麻薬容疑」パク・ユチョンさんへの控訴放棄

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.07.09 10:39
0
麻薬容疑で拘束起訴されて1審で懲役刑の執行猶予を言い渡された後、釈放された歌手兼俳優のパク・ユチョンさん(33)に対して検察が控訴をあきらめた。これで該当事件は一段落するものと見られる。しかし、パク・ユチョンさんの釈放をめぐってネットユーザーの間では舌戦が始まるなど非難世論は収まっていない。

水原(スウォン)地検強力部(部長パク・ヨンビン)はパク・ユチョンさんに対して懲役10月に執行猶予2年を言い渡した1審裁判所の判断を受け入れ、控訴をあきらめることにしたと8日、明らかにした。

検察関係者は「通常、求刑量(懲役1年6月)の2分の1以上が言い渡されれば控訴しないのが内部のガイドライン」とし「パク・ユチョンさんが初犯である点も考慮された」とこの日、説明した。刑事裁判で控訴を提起できる期間は判決宣告日から一週間以内だ。パク・ユチョンさんに対する1審宣告は2日下されたため、9日までにパク・ユチョンさんも控訴をしなければこのまま刑が確定される。

執行猶予の宣告ですでに「自由の身」になったパク・ユチョンさんが控訴しない可能性が大きい点を考えると1審宣告がそのまま確定するものと見られる。

刑事処分はこのように終わるものと見られるが、パク・ユチョンさんに対する非難世論は現在進行形だ。

1審はパク・ユチョンさんが犯行を認め、誤りを反省している態度を見せるとして執行猶予を言い渡した。

これで4月26日、事前拘束されたパク・ユチョンさんは1審宣告以降釈放されて「多くの方々にご迷惑をおかけして心よりもう一度お詫び申し上げる。今後、社会に奉仕しながら熱心に、正直に努力する」と話した。

しかし、ネットユーザーはパク・ユチョンさんが数回にわたってヒロポンを使用したうえに、事件初期潔白を主張する記者会見を行うなどファンをだましたにもかかわらず比較的に軽い処罰が下されたとし批判している。

また、パク・ユチョンさんが釈放された翌日、家の中でサングラスをかけて伴侶犬を抱いたまま数多くのファンレターとともに撮影した写真がソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)に掲載されると、反省の兆しが見えないというなどの意見も一部では出てきた。彼らは刑事処分の重さとは別にファンの愛と信頼を回復するまで相当な時間と努力が要るだろうと口をそろえた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓国検察、「麻薬容疑」パク・ユチョンさんへの控訴放棄

    2019.07.09 10:39
    뉴스 메뉴 보기
    パク・ユチョンさん
    TOP