주요 기사 바로가기

日本の経済報復にもビクともしない防弾少年団…「大阪も紫に染めた」

ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版2019.07.08 11:29
0
グループ防弾少年団の人気は止められない。韓日関係が急速に冷え込んでいる中で防弾少年団が日本列島を熱く盛り上げている。

防弾少年団は6日と7日両日間、日本大阪ヤンマースタジアム長居でワールドツアー「LOVE YOURSELF: SPEAK YOURSELF」を開催した。該当スタジアムは最大4万7000席を受容できるJリーグのセレッソ大阪のホーム球場で2002年韓日ワールドカップ(W杯)を開いた場所だ。現場の観客によると、週末二日間受容可能な観覧客以上の訪問客が訪ねてきて黒山の人だかりができ、日本版グッズブースを待つ列も午前から作られた。

韓日関係が冷え込んでいるが、日本ファンたちの防弾少年団への愛は沸き上がった。3日発売した10枚目の日本シングル『Lights/Boy With Luv』は100万枚の事前予約を記録(ユニバーサル・ミュージック・ジャパン集計)、防弾少年団はシングル100万枚の出荷を達成した唯一の韓国歌手として人気を立証した。オリコンデイリーシングルランキングは4日連続で1位を行進中だ。また、道頓堀市内には防弾少年団の広報トラックが走り回り、タワーレコードの大型電光掲示板には防弾少年団のインタビューが随時流れていた。関西空港の入国から公演の最後まですべての瞬間が話題を集め、日本のテレビ局も朝番組から防弾少年団の便りを扱った。6日、日テレ『THE MUSIC DAY(ザ・ミュージックデイ)』は大阪コンサート舞台の中で日本語バージョン『Boy With Luv』を生中継で送り出してオン・オフラインを盛り上げた。日本女性週刊誌「an・an」と有名芸能人を扱う雑誌「CanCam」はそれぞれ7月号、8月号のモデルとして防弾少年団を前面に出して全世界のARMYの購買意欲を刺激した。

特に、日本も世界的な照明リレーに参加した。最大複合文化施設である大阪EXPOCITY(エキスポシティ)はランドマークであるレッドホース・オオサカホイールを紫に染め、防弾少年団のコンサートを歓迎した。英国ロンドンのウェンブリー・スタジアム、フランス・パリのスタッド・ドゥ・フランス、米国ニューヨークのエンパイア・ステート・ビルディング、釜山(プサン)の広安(クァンアン)大橋、ソウルの南山(ナムサン)タワーに続き日本まで防弾少年団が行く所には紫の照明がついている。

このような防弾少年団の人気に業界専門家は「日本の経済報復措置にも文化の流れは防ぎ難い」と口をそろえた。日本政府が出て反韓感情を刺激するといっても個人の好みまで関与することはできないという説明だ。公演エージェンシー関係者は「一部の極右勢力がテレビ局や公演会場に電話などで苦情を申し込む事例がある」としながらも「防弾少年団の日本国内での人気は毎年さらに高まっている。TWICE(トゥワイス)、IZ*ONE(アイズワン)などガールズグループの活躍も続き、韓流を楽しむ年齢層が全般的に低くなった」として韓日葛藤で大きな影響を受ける雰囲気ではないと伝えた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    日本の経済報復にもビクともしない防弾少年団…「大阪も紫に染めた」

    2019.07.08 11:29
    뉴스 메뉴 보기
    グループ防弾少年団
    TOP