주요 기사 바로가기

「爆破兵特殊技術」の現役軍人がIS加入を図る…テロ準備状況も=韓国

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.07.05 17:21
0
20代の韓国人男性が国際テロ組織であるIS(イスラム国)を追従し、いわゆる「自生的テロ」を計画した疑いで立件された。国内でISと関連した自生テロを準備した情況が明らかになったのは今回が初めてだ。

4日の国防部の発表によると、1日に軍警合同捜査TF(タスクフォース)がパク氏(23)をテロ防止法違反と軍用物資窃盗容疑で立件した。

2017年10月に首都圏陸軍部隊に入隊し、陸軍工兵学校で爆破兵の特殊技術教育を受けたパク氏は、軍用爆発点火装置を盗んだ疑いを受けている。特に2016年から最近までISテロ活動映像と資料を収集し、関連資料をインターネットにアップロードするなどIS活動を宣伝・扇動した疑いも受けている。

捜査当局によるとパク氏の携帯電話からは自家製の実弾製造映像が確認され、自宅からはテロ組織が使用するのと同じような「ジャングルナイフ」が発見されたことが分かった。また、パク氏がIS隊員と支持者らが使用する秘密のアプリケーションを携帯電話にインストールし、IS組織員と推定される人物からのメールを受信した情況も把握した。

先に警察は昨年、米国連邦捜査局(FBI)から諜報を受け、内偵調査を進めるうちにパク氏が軍服務中であることを確認し、軍当局にその旨を通知した。

国防部はこれについて「該当兵士は軍用物資窃盗やIS加入などテロ防止法違反の疑いで(国防部)調査本部が1日、国防部検察団に起訴嫌疑で送致した」と伝えた。

しかし、パク氏は今月2日付で除隊しており、軍用物資窃盗容疑については軍検察が、テロ防止法違反容疑については民間検察が捜査および起訴を担当する方針だ。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP