주요 기사 바로가기

パク・ユチョン被告が釈放…「社会奉仕をしながら生きていく」固く誓う

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.07.02 14:36
0
歌手で俳優のパク・ユチョン被告(33)が出所して「ご心配をお掛けして申し訳ない。社会に奉仕しながら生きていく」と話した。

2日午前、水原地裁刑事4単独は麻薬類管理に関する法律違反容疑に対する宣告で、パク被告に対して懲役10月・執行猶予2年・追徴金140万ウォン(約13万円)と麻薬に関する保護観察を命じた。

この日午前11時ごろ、京畿道水原市八達区(キョンギド・スウォンシ・パルダルグ)の水原拘置所から釈放されたパク被告は憔悴した姿で登場し、取材陣に対して「多くの方々にご心配をお掛けして心から申し訳なく思う」とし「今後、社会で奉仕をたくさんしながら一生懸命に正直に生きていくよう努力する。必ずそのようにする」と固く誓った。

拘置所の前に出てきたファンには「ファンの方々に心から申し訳なく思う」と謝った。パク被告は時折大きな息を吐いたり目を赤くしたりする姿も見せた。

パク被告がインタビューを受けている間、韓国と日本のファン数十人はパク被告を応援する文面(Always Beside of Park Family)が書かれたTシャツを着て彼の名前を呼びながら涙を流した。

この日の裁判所は「パク・ユチョンが元恋人であるファン・ハナ被告と覚せい剤(メタンフェタミン、別名ヒロポン)を購入した後、計7回使用した容疑をすべて自白して認めた」とし「麻薬類犯罪は社会的弊害として深刻なので厳重な処罰が必要だ」と話した。ただしパク・ユチョンは拘束後、犯罪を認めている上に初犯で、2カ月以上拘束された状態で反省する姿勢を示すなど、現在としては保護観察と治療命令付のほうがよい」と付け加えた。

これに先立ち6月14日に開かれた公判で、検察は麻薬類管理に関する法律違反容疑を受けているパク被告に懲役1年6月・追徴金140万ウォンを求刑した。検察はパク被告が昨年から今年3月までの間に元恋人のファン被告と覚せい剤を0.05グラムずつ3回購入し、これを水で薄めて6回使用した容疑が適用されると求刑理由を明らかにした。

これに対し、当時のパク被告側弁護人はこれをすべて認めて「パク・ユチョンも自身の罪をすべて反省している」とし「正常な人生を夢見ることができるようにパクさんにもう一度チャンスをお願いしたい」と話した。

パク被告は2~3月に元恋人である南陽(ナムヤン)乳業創業者の孫娘ファン被告(31)とともに3回にわたって覚せい剤1.5グラムを購入して6回にわたって使用した容疑で起訴された。また、これに先立ち昨年9~10月、所持していた覚せい剤をファン被告に使用させた容疑ももたれている。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    パク・ユチョン被告が釈放…「社会奉仕をしながら生きていく」固く誓う

    2019.07.02 14:36
    뉴스 메뉴 보기
    パク・ユチョン被告
    TOP