주요 기사 바로가기

大統領選の政治功績を狙ったトランプ氏、米と直取引を望んだ金正恩氏…文氏の選択は助演だった

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.07.01 08:00
0
30日午後、ドナルド・トランプ米大統領と金正恩(キム・ジョンウン)北朝鮮国務委員長の会談が行われた板門店(パンムンジョム)韓国側「自由の家」2階の会談場には星条旗と北朝鮮国旗だけが掲げられていた。太極旗は設置されていなかった。軍事境界線を越えたトランプ大統領と金委員長が板門店の韓国側「自由の家」に近づくと、両首脳を待っていた文在寅大統領は金委員長と握手した。取材陣と警護員に囲まれた3人の首脳は約3分間「スタンディング歓談」を続けた。金委員長は文大統領側に体を向けて対話を続けたりもした。引き続き、米朝首脳が文大統領の案内を受けて会談場が用意された自由の家の中に入った。ところが、会談場には文大統領が現れなかった。この日の会談は米朝首脳の会談で行われた。

これに先立ち、文大統領は青瓦台(チョンワデ、大統領府)でトランプ大統領と首脳会談を行った後、記者会見を通じて「きょうの中心は米朝間の対話」として「トランプ大統領と金委員長の面会、そして対話、それが今後続く米朝対話ににつながる過程として大きな意味があると考える」と話した。同時に、「きょうは米朝対話に集中させ、南北対話は今度改めて図るだろう」と強調した。板門店会談に自身は参加しないという予告だった。韓国政府当局者は「文大統領は板門店で米朝首脳が非公開で会う間、別途の場所にいた」と伝えた。

政府当局者は「30日板門店会談は米国と北朝鮮首脳が会ってお互いの立場を打診し、膠着局面を脱離するための突破口を作るのが優先だった」として「文大統領の役割は二人の会談を実現させることまでだった」と話した。また、この日に帰国するトランプ大統領の日程上時間が多くなく、米朝首脳の意見交換に集中させるために文大統領は参加しなかったとのことだ。トランプ大統領の立場を配慮した次元という分析もある。来年再選に挑戦しているトランプ大統領は北朝鮮の核実験とミサイル発射中断を本人の政治功績としており、北朝鮮と直取引を進めている。したがって、文大統領が参加する場合、トランプ大統領の役割が縮小する可能性があるという指摘だ。

何より北朝鮮側が今度は米国との直取引を強く望んだという。北朝鮮は文大統領の会談出席に否定的な立場を見せたという話だ。会談に精通した消息筋は「29日午後、米朝が板門店会談に対する共感を形成した後、両側が儀典や警護、議題などを協議した」として「だが、文大統領の会談出席問題をめぐって北朝鮮と最後まで駆け引きがあった」と伝えた。消息筋は「北朝鮮側は今回は金委員長とトランプ大統領が対面する席として強調することを希望した」として「北側の立場では金委員長の権威を国内外に見せつけたかっただろう」と指摘した。北朝鮮の米朝会談形式の要求にはその間韓国政府を相手に吐き出した不満も作用したと見られる。4月12日、金委員長が最高人民会議施政演説で韓国の仲裁者の役割を批判してから北朝鮮は韓国を排除する雰囲気だ。北朝鮮外務省のクォン・ジョングン米国局長が26日談話で「韓国は抜けよ」と主張したのも同じ流れだった。

30日電撃的に米朝会談が実現されたが、今後韓国の役割はずっと維持されるべきだという指摘だ。今回の会談が今後北朝鮮の「韓国排除」につながっては困るということだ。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    大統領選の政治功績を狙ったトランプ氏、米と直取引を望んだ金正恩氏…文氏の選択は助演だった

    2019.07.01 08:00
    뉴스 메뉴 보기
    ドナルド・トランプ米大統領と金正恩委員長が30日、板門店共同警備区域(JSA)軍事境界線の北朝鮮側から軍事境界線の韓国側に越えてきている。(写真=青瓦台写真記者団)
    TOP