주요 기사 바로가기

自由韓国党、第2延坪海戦17周年迎え「文政権が韓国の安保を武装解除」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.06.30 11:32
0
自由韓国党は29日、第2延坪(ヨンピョン)海戦17周年を迎え、「大韓民国の領海を守るために命を捧げた英雄の崇高な献身と犠牲に深い敬意を示す。しかし西海(ソヘ、黄海)守護の日の行事に文在寅(ムン・ジェイン)大統領は就任後ただの一度も参加していない」と話した。

同党の閔庚旭(ミン・ギョンウク)報道官はこの日論評を通じ、「命で祖国の海を守った崇高な精神を見習い西海を守ろうという思いがこの政権では尊重されることのない価値なのか」と反問しこのように明らかにした。

閔報道官は引き続き「故ユン・ヨンハ少領、故ハン・サングク上士、故チョ・チョンヒョン中士、故ファン・ドヒョン中士、故ソ・フウォン中士、故パク・ドンヒョク兵長。17年前のきょう、領海を守るために命を捧げた6人の英雄とチャムスリ357号艇勇士の崇高な献身と犠牲を永遠に忘れないだろう」と話した。

その上で「ユン・ヨンハ少領をはじめとする将兵が命を捧げて守った安保なのに文政権は北朝鮮の動力船が韓国領海を実に57時間も何の制止もなく動き回れるようにするなど大韓民国家安保を事実上武装解除させた」と主張した。

閔報道官は「愛国が冷遇される国、果たしてだれのせいなのか。自由韓国党は文政権の安保屈辱が大韓民国すべての考えのように代弁される現状を必ず打開していくだろう」と強調した。

閔報道官はまた「大韓民国の領海を守るために命を捧げた英雄の崇高な献身と犠牲に深い敬意を表わす。自由民主主義守護に向け体と心を捧げ使命を尽くした殉国烈士と護国英霊の忠情が絶対無駄にならないようにする」と明らかにした。

彼は第2延坪海戦について、「北方限界線NLLを越えた北朝鮮警備艇の先制奇襲攻撃により第2延坪海戦は始まった。北朝鮮の警備艇2隻を対応射撃で撃破・退却させる渦中で大韓民国国軍将兵6人は壮烈に戦死し、19人が負傷した」と説明した。

一方、同党の黄教安(ファン・ギョアン)代表はこの日午前、海軍第2艦隊司令部西海守護館で開かれた第2延坪海戦17周年記念式に参加した。黄代表は前日にも平沢(ピョンテク)を訪問し第2延坪海戦戦死者遺族7人とともに昼食をともにした。

黄代表は「遺族は英雄を記憶してほしいと話した。遺族の方々の誇りと自負心を守ってあげる道、それがまた韓国の安保と自由を守る道だろう。延坪海戦の英雄が忘れられつつあるのではないのか。われわれは絶対忘れずにいましょう」と話した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP