주요 기사 바로가기

俳優ソン・ジュンギ、『アスダル年代記』制作発表会当時にもソン・ヘギョとの不和暗示

ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版2019.06.27 10:09
0
俳優ソン・ジュンギがドラマ『アスダル年代記』制作発表会当時に言及していたソン・ヘギョとの結婚生活は不和をそれとなく暗示するものだった。新婚というにはあまりにも淡々としていて笑顔さえなかった。

先月28日、tvN週末ドラマ『アスダル年代記』の制作発表会が開かれた。ソン・ジュンギが久しぶりにドラマに復帰するということで、ソン・ヘギョに関連した質問が出てこないわけにはいかなかった。妻ソン・ヘギョの支援射撃は何だったのか、結婚後変わった点は何かに関する質問が次々と出た。

ソン・ジュンギは「心の安定を得た。それが一番変化した点だと思う。結婚した方々が共通して感じる部分ではないかと思う。妻(ソン・ヘギョ)も今回の作家と監督のファンだ。ほぼ3、4年ぶりに出演するドラマなので、最後まで集中して頑張れと応援してくれた。おかげで(撮影を)無事終えられた」と答えた。

同僚俳優に対して言及する時は微笑を浮かべながら答えていた様子とは対象的に、ソン・ヘギョに関する内容には淡々として落ち着きすぎる受け答えだった。トップスターカップルであるため、ドラマ制作発表会で私生活に関連して耳目が集中するのは負担にもなりえるが、2人に関する不和説がささやかれていた時でもあり、表情の変化や行動に一層集中するほかはなかった。制作発表会を見守った関係者の間では「本当に幸せなのか」という言葉が行き交った。

新婚というには幸せをあまりにも奥に隠したソン・ジュンギは、結局、ソン・ヘギョと離婚調停手続きを踏んでいることを明らかにした。ソン・ジュンギの法律代理人法務法人Lee&Koのパク・ジェヒョン弁護士は26日、ソウル家庭裁判所に離婚調整申請書を届け出たと伝えた。

法律代理人を通じてコメントを出したソン・ジュンギは「私を愛し、大切にしてくださっている多くの方々に良くない便りをお伝えすることになり申し訳ないという言葉をまずお伝えします。私はソン・ヘギョ氏との離婚のための調停手続きを進めることになりました」と伝えた。

続いて「2人とも是非についてよく確認しあい、互いを非難するよりは円満に離婚手続きを終えることを望んでいます。私生活についてのことを一つ一つ申し上げることは難しい点、ご理解いただき、今後、私は現在の傷心から脱して、演技者として作品活動に最善を尽くし、良い作品で応えていこうと思います」と付け加えた。

一方、ソン・ジュンギとソン・ヘギョは2015年の事前制作ドラマ『太陽の末裔 Love Under The Sun』で出会い、恋人関係に発展した。交際から2年の2017年10月に結婚してゴールインした。だが、結婚から約2年で離婚することになった。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    俳優ソン・ジュンギ、『アスダル年代記』制作発表会当時にもソン・ヘギョとの不和暗示

    2019.06.27 10:09
    뉴스 메뉴 보기
    俳優のソン・ジュンギ(左)と女優のソン・ヘギョ
    TOP