주요 기사 바로가기

サムスン副会長、サウジ皇太子訪韓控えサムスン物産へ 「中東との協力強化」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.06.25 14:08
0
韓国サムスン電子の李在鎔(イ・ジェヨン)副会長(51)が24日、サムスン物産を訪れて社長団会議を行った。サムスン物産はサムスン系列会社の中で事実上の持株会社を担当している。サムスン物産はサムスン生命の株(19.3%)を保有していて、サムスン生命はサムスン電子の株(8.5%)を保有している。李副会長はサムスン物産の最大株主(17.2%)だ。

24日、サムスン物産によると、李副会長はソウル江東区上一洞(カンドング・サンイルドン)のサムスン物産事務室に訪れ、サムスン物産建設部門の李榮鎬(イ・ヨンホ)社長、サムスンエンジニアリングのチェ・ソンアン社長、サムスン物産の金明洙(キム・ミョンス)社長〔EPC(設計・購買・施工)競争力強化タスクフォース(TF)長〕と経営診断会議を開いた。EPC競争力強化TFはサムスンが2016年グループ未来戦略室を解体した後、サムスン物産など建設をはじめ、サムスン物産指揮下の系列会社の事業調整業務のために作ったコントロールタワー組織だ。

この日の社長団懇談会で李副会長は「中東地域国家の未来産業分野で、サムスンがうまくやれる部分を探し、協力強化方案を用意して素早く対応しなければならない。機会を現実化するためには既存の枠組みを壊さなければならない」と話したという。懇談会を終えて李副会長は構内食堂で職員と一緒に食器トレイを手に昼食を共にした。

2日後の26日には サウジアラビアのムハンマド・ビン・サルマン皇太子が1泊2日の日程で訪韓する。大阪で開かれる主要20カ国・地域(G20)首脳会議(サミット)の日程直前に韓国を訪れるサルマン皇太子は、青瓦台(チョンワデ、大統領府)の昼食会を通じて李副会長をはじめ財界トップと会談を行う見通しだ。李副会長はサルマン皇太子との会談に先立ち、サムスン物産・エンジニアリングの力を結集して新しいビジネスチャンスを創り出す目的でこの日の会議を招集したとみられる。

国政壟断事件直後の2016年、サムスンは未来戦略室を解体した後、サムスン電子が大株主である系列会社は事業支援TFが各種事業調整業務を担当し、サムスン物産など金融系列会社は金融一流化TF、サムスン物産が主要株主の系列会社であるEPC競争力強化TFが系列会社間の調整業務を担当している。

財界内外では李副会長がサムソンバイオロジクスをめぐる検察の捜査過程で、サムスン内部の結束のために事業場の訪問を続けるものとみている。李副会長が今月に入って経営日程を公開したのはこれで6回目だ。

今月1日、李副会長はサムスン電子華城(ファソン)事業場でデバイス・ソリューション(DS)部門の社長団と会ってグローバル経営環境を点検して対策を用意するために会議を開いた。13日にもDS部門経営陣と非メモリー半導体関連の投資現況をチェックするために懇談会を開いた。DS部門はDRAM・NAND型フラッシュメモリーなどメモリー半導体を担当するパートだ。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    サムスン副会長、サウジ皇太子訪韓控えサムスン物産へ 「中東との協力強化」

    2019.06.25 14:08
    뉴스 메뉴 보기
    サムスン電子の李在鎔副会長(左)がサムスンエンジニアリングのチェ・ソンアン社長をはじめサムスン物産系列の経営陣と共に、ソウル上一洞のサムスンエンジニアリング本社で昼食の給食を取った。(写真=閉鎖型ソーシャルメディア「ブラインド」のキャプチャ)
    TOP