주요 기사 바로가기

韓経:ウォンが対ドルで上昇…2カ月ぶりに1ドル=1150ウォン台に

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.06.25 08:11
0
為替相場が急激なウォン高ドル安傾向を継続し、2カ月ぶりに1ドル=1150ウォン台までドル安が進んだ。この5取引日の間に30ウォン下がった。

24日のソウル外国為替市場で為替相場は7.50ウォンのウォン高ドル安となる1ドル=1156.50ウォンで取引を終えた。終値基準で1150ウォン台までウォンが上昇したのは4月29日の1158.50ウォン以来。

為替相場は先月17日に米中貿易紛争や輸出不振の懸念などが重なり1ドル=1195.70ウォンでドルが年初来高値を記録した。しかしその後は急激なドル高への負担から調整を受け、今月中旬以降には米中首脳会談に対する期待と米連邦準備制度理事会(FRB)の金利引き下げ見通しなどが反映され急速なドル安に転じた。FRBは19日に政策金利と関連した声明書で「忍耐心」という文言を削除した。

サムスン先物のチョン・スンジ研究員は「米国の利下げへの期待とともに輸出企業がこの日売りを浴びせドルの下げ幅が大きくなった」と説明した。



関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP