주요 기사 바로가기

韓国人の日本旅行、5.8%減少…景気低迷で青年が財布開かず

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.06.21 07:30
0
韓国人の日本旅行が減少している。日本政府観光局(JNTO)によると、5月の訪日韓国人旅行客は60万3400人と、前年同月比5.8%減少した。今年(1-5月)に入って4.7%減で、3カ月連続の減少となった。過去1年間(2018年6月-19年5月)を前年(2017年6月-18年5月)と比べても4.5%減った。

JNTO韓国事務所の関係者は「国内経済事情と円高が反映されたようだ」とし「外部要因では最近ベトナム旅行客が急増するなど視線を東南アジア側に奪われている」と説明した。韓国旅行業協会の関係者は「2017年のTHAAD(高高度防衛ミサイル)韓国配備の影響で中国旅行の需要が減り、相対的に日本旅行の需要が大きく増えたが、中国旅行の需要がまた増え始めたということ」と話した。

2000年以降、日本旅行を主導してきた旅行会社「旅行博士」の関係者は「最近の日本旅行の需要は20-30代が主導してきた。この人たちが依然として主な顧客だが、最近減少しているのは事実」とし「若者は費用がかからない旅行を好むが、経済的な要因が作用したようだ」という見方を示した。

最近の傾向は円高要因だけでは説明がつかない。格安航空会社の日本路線競争で航空料は安くなった。またトリップドットコムなどオンライン旅行会社(OTA)が北東アジア地域にマーケティングを集中し、低料金のホテルも増えた。相殺要因があっても全般的には減少したのだ。

専門家は日本旅行の性格に注目している。イ・ウンヒ仁荷大消費者学科教授は「日本は外食・ファッションなど若者が好むコンテンツが多く、学生もアルバイトでお金を貯めて旅行したい国に選んでいた。しかし経済的にそのような状況でなく減少したようだ」とし「心理が消費に影響を及ぼすように旅行も同じで、未来に対する不安感が大きく作用したはず」と分析した。

アルバイト情報サイト「アルバモン」が4月にアルバイト1078人を対象に「アルバイトでお金を貯めて最もしたいこと」を尋ねた結果、53%が「海外旅行」を選んだ。しかし現実は厳しい。最近ジョブコリアが大学生3160人を対象に「夏休みのロマン」について調査した結果、「バックパック旅行」と答えた回答者が47%だったが、実際の計画は「アルバイト」と答えた人が80%にのぼった。

コンビニエンスストアやフランチャイズ飲食店などでアルバイトをするイさん(26)は「SNSを見ると10万ウォン(約9300円)以下で日本行き飛行機のチケットを購入したというコメントが多い。そういうものを見るたびに一度行ってみたいと思うが、そのほかの費用を考えると決断しにくい」とし「最近はアルバイトを探すのも難しい」と語った。

旅行作家のキム・ソンヒさん(29)は「20代の間で『日本はいつも新鮮』という認識が薄れているようだ。日本に夢中になっていた友人の中にも飽き始めたという人が増えた」とし「今でも日本の物価はそれほど安くない。その費用なら東南アジア旅行を好む人がが多い」と伝えた。

コンシューマーインサイトが最近、消費者1000人を対象に消費形態を調査した結果、真っ先に減らす項目に「旅行費」を選んだ。コンシューマーインサイトのキム・ミンファ研究員は「今年に入って本格的に景気の悪化を感じた消費者が財布のひもを締めている。最初に旅行費を減らしている」と話した。

漢陽大観光学部のイ・ヨンテク教授は「景気沈滞前には近距離・短時間・節約型旅行が増えるが、最近の日本旅行傾向がそのようなシグナルとみられる」とし「商品周期理論に基づき観光も導入・成長・成熟・衰退期という段階をたどるが、成熟段階で新しいものが出てこなければ消えていく」と説明した。

訪日韓国人旅行客は過去10年間、増加傾向が続いた。一時は危機もあった。2014年初めに日本の外相が「竹島(独島)は日本固有の領土」という発言をした後5カ月(2-6月)連続で減少した。しかしその後は増加し、昨年は753万人が訪問した。訪日中国人(838万人)旅行客と大きな差はない。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP