주요 기사 바로가기

韓国軍は「漂流」というが…北朝鮮漁船は夜明けを待った「待機亡命」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.06.19 14:09
0
15日に江原道三陟(サムチョク)港に入った北朝鮮漁船は機関の故障でなく亡命が目的だったという状況が確認されている。夜間に海岸に入れば軍の対応射撃が懸念されるため海上で機関を停止させて夜明けを待ったという点、埠頭に降りた北朝鮮住民が脱北した親戚に連絡するために住民に携帯電話を借りようとした点が明らかになった。

これは、2015年に北朝鮮兵が軍事境界線(MDL)を越えて亡命をする際、非武装地帯(DMZ)で夜明けを待った「待機亡命」「ノック亡命」事例と似ているという指摘が出ている。当時、この北朝鮮兵は夜中に北朝鮮側の鉄柵を通過した後、暗闇の中で韓国軍GP(非武装地帯の監視所)付近の丘まで接近し、夜が明けるまで待機して亡命した。

関係当局によると、北朝鮮漁船は15日夜中に三陟沖でエンジンを切って夜が明けるのを待ったという。夜間に海岸に入る場合、軍の対応射撃を受けるかもしれないからだ。漁船は夜が明けると海岸側に移動し、三陟港外航防波堤を通過して埠頭に近づいて接岸した。

その後、付近の住民が彼らを発見して対話した後、「北の言葉を使う不審な人がいる」と通報した。この時、住民がこの船舶に向かって「どこから来たのか」と尋ねると、「北朝鮮から来た」と返答したという。別の住民は「三陟港で船から一部が陸地に降り、漁民に北の言葉で『北朝鮮から来たので携帯電話を貸してほしい』と要請した」と証言した。

住民の話によると、北朝鮮漁船が東海(トンヘ、日本名・日本海)北方限界線(NLL)から三陟港の中の防波堤まで130キロを航海して停泊する間、海軍と海洋警察、陸軍はこれを把握してなかったということになる。この漁船が三陟港に進入したことからみて、機関は正常に作動していたと考えられる。当初、機関の故障で漂流していたと伝えられたが、エンジンは故障していなかったことが分かった。これまで北朝鮮漁船が機関の故障で漂流中だったと報道されていたが、軍と警察はこれを訂正しなかった。

北朝鮮漁船が関係機関に公式に確認された時間は午前6時50分ごろ。住民の通報は直ちに江原警察庁112状況室に伝えられ、状況要員が三陟警察署状況室と管轄地区隊に通知した。同時に東海海洋警察三陟派出所に通知され、出動要員が三陟港の防波堤で北朝鮮漁船に船員4人が乗っていたことを確認した。4人の北朝鮮漁民のうち亡命者2人は関係当局合同尋問で脱北を目的に三陟港に来たと供述したという。

関係当局の情報筋は「北に戻った2人は判断できないままついて来たようだ」と話した。別の情報筋は「亡命者2人に対して合同尋問をした結果、今まで不審な点は表れていないと聞いた」と話した。

鄭景斗(チョン・ギョンドゥ)国防部長官は19日、北朝鮮漁船がいかなる制止もなく江原道三陟港埠頭に入ったことについて「指揮官全員が深刻な事態として重く受け止め、作戦および勤務紀綱を再確認し、精神的な対備態勢を徹底すべきだ」と強調した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP