주요 기사 바로가기

違法操業する北朝鮮漁船に頭を悩ませる日本

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.06.19 13:19
0
日本海上保安庁は18日(現地時間)、排他的経済水域(EEZ)を侵して違法操業している北朝鮮漁船を追い出すために頭を痛めているとし、写真を公開した。この日公開された写真には、海上保安庁巡視船が北朝鮮漁船に放水している場面と、古い北朝鮮漁船2隻を巡視船が追撃する様子が写っている。

この日、海上保安法関係者は「5月からイカが豊富な大和堆(Yamatota)付近の海上から日本のEEZを侵した北朝鮮漁船300余隻を強制的に退去させた」と話した。

一方、今月15日に韓国江原道(カンウォンド)三陟(サムチョク)港近隣で漂流していたところを発見された北朝鮮船員4人中2人は18日、板門店(パンムンジョム)を通じて北朝鮮に帰還した。

韓国統一部当局者はこの日、「韓国側は今日午前10時、板門店を通じて、帰還意思を明らかにした船員2人を北側に引き渡した」と明らかにした。残りの2人は亡命意思を明らかにしたため北朝鮮に戻らず韓国に残った。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    違法操業する北朝鮮漁船に頭を悩ませる日本

    2019.06.19 13:19
    뉴스 메뉴 보기
    今月11日、韓国海軍艦艇が東海(トンへ、日本名・日本海)上で漂流していた北朝鮮船舶を見つけて北方境界線に曳航している。(写真=合同参謀本部)
    TOP