주요 기사 바로가기

「日本大地震の時、重圧感のあまり大泣き」…NAVER創立者が公開した企業成功秘話

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.06.19 07:34
0
韓国最大手ポータルサイト「NAVER(ネイバー)」の創業者でグローバル投資責任者(GIO)の李海珍(イ・ヘジン)氏(52)がメッセンジャー「LINE(ライン)」など創業秘話を紹介しながら、成功の秘訣として「人」を挙げた。

李氏は18日、ソウル鍾路区(チョンノグ)フォーシーズンズホテルで開かれた韓国社会学会と韓国経営学会の共同シンポジウム「デジタルG2時代、私たちの選択と未来競争力」に参加し、日本などグローバル市場での成功秘話を公開した。

李氏は、過去に日本市場で検索サービスによって失敗を繰り返したNAVERが「七転び八起き」の末にメッセンジャーアプリ「LINE」で成功した事例に言及した。

李氏は「日本での検索事業は徹底的に失敗した。LINEというメッセンジャーが成功したのは、人、チームの力のおかげだった」としながら「苦しくて撤退しようと思ったが、一緒にやってきたチームの情熱があってやめようという言葉が言えなかった」と当時を振り返った。

特に、LINE発売直前の2011年に発生した日本の大地震の時を創業後最も難しい瞬間に挙げた。当時、日本に支社を置いた韓国企業は職員の安全を考慮して撤退や韓国への復帰を支援していた。

日本でスタッフと二人三脚でLINEの発売を準備していた李氏も「日本大地震当時、事業を続けるべきか、スタッフを撤収させるべきか悩んだ」と話した。「スタッフを帰国させれば、今までやってきた事業は失敗で、もうちょっと頑張ろうと言えば大きな危険に陥るほかはない状況で決定を下さなければならなかった」としながら「そのときは本当に、会社で重圧感のあまり大泣きした」と打ち明けた。

李氏は「成功して、お金も使えなくて死ぬかもしれないという状況で、意志決定をしろということがとても残忍に感じられた」とし「結局チームと話し、安全と家族のために半分は戻り、半分は残った」と説明した。

「当時日本に残った人々が作ったのがこのLINE」と明らかにした李氏は「信じられない結果だった」と話した。あわせて「事業の成功は、その仕事をやらずにはいられないチームがいなければならず、そのようなチームがどれくらいいるかが重要だ」とし、「人」の重要性を強調した。

李氏は「事業をして辛いと思うとき、『会社の人々』に頼る」とし「会社で一緒に働いた人々が頼りになる。日本では一緒に爆弾酒を飲みながら耐えた。

会社が大きくなり、そのような面でどうしたらその気持が伝えられるか、続けていけるかが新たな課題」と付け加えた。

李氏は後輩に対する期待も示した。李氏は「既存の収益モデルを守っている企業は生命力が落ちる」とし「今後、NAVERの中からNAVERを超える会社が出てくるよう願う」と呼びかけた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    「日本大地震の時、重圧感のあまり大泣き」…NAVER創立者が公開した企業成功秘話

    2019.06.19 07:34
    뉴스 메뉴 보기
    18日、ソウル鍾路区フォーシーズンズホテルで開かれた韓国経営学会・韓国社会学会共同シンポジウムに対談者として参加した李海珍(イ・ヘジン)NAVER創業者兼グローバル投資責任者(GIO)。(写真提供=スタートアップアライアンス)
    TOP