주요 기사 바로가기

信用格付け大手フィッチも2.5%→2%引き下げた経済成長率…韓国政府も下方修正の可能性↑

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.06.18 18:18
0
信用格付大手米フィッチ・レーティングスが今年韓国の経済成長率展望値を年初提示した2.5%から2%に引き下げた。韓国政府の経済成長率展望値も下がる可能性がもう少し大きくなった。

フィッチは18日まとめた「2019年6月世界経済展望」報告書で韓国経済に対して「今年第1四半期の国内総生産(GDP)が前四半期より0.4%急減して予期せず収縮した」として経済成長率展望値を下方修正した。フィッチはGDP急減をめぐり「中国の成長鈍化と貿易紛争の影響で昨年下半期から韓国輸出に圧力がかけられた」として「韓国の主な輸出品の中の一つである半導体価格が昨年末から急落して利益が減った」と分析した。

フィッチは引き続き「過去2年間最低賃金の急激な引き上げは企業心理と利潤に負担を与えた」とし「企業らは資本の支出を急激に減らし、民間設備投資は昨年第2四半期以降持続的に減少している」と診断した。

ただし、フィッチは「内需促進と雇用創出に向けた新しい財政政策の影響で韓国経済が今年下半期から回復する可能性がある」とし、「対外的にも貿易戦争がさらに拡散せずドル安の環境になるものと見ている」と予想した。

また、フィッチは「弱いインフレーションと景気鈍化が韓国銀行が近い将来金利を25bp(1bp=0.01%)引き下げるようにそそのかす可能性がある」と見通した。フィッチは韓国の2020年と2021年の成長率展望値はそれぞれ2.6%と提示した。

フィッチに先立ち、国内外の主な経済機関も今年韓国の成長率展望値を次から次へと下方修正した。韓国経済研究院は3日、今年の経済成長率展望値を2.4%から2.2%に引き下げた。経済協力開発機構(OECD)と韓国開発研究院(KDI)、金融研究院もそれぞれ2.6%から2.4%に引き下げた。世界信用格付け機関ムーディーズは既存の2.3%から2.1%に、スタンダード&プアーズ(S&P)も2.5%から2.4%にそれぞれ修正した。

企画財政部によると、政府は今月末発表する「下半期の経済政策方向」で経済成長率展望値を下方修正する可能性が高い。洪楠基(ホン・ナムギ)経済副首相兼企画財政部長官は14日「経済成長率、雇用、輸出などの様々な経済指標に関してもう一分析し、必要ならば(経済成長率展望値を)修正する内容を盛り込んで下半期の経済政策方向を準備する」と話した。

政府の経済成長率目標値は未来を見通す性格もあるが、政策意志を反映する側面もある。だが、最近の市場状況は暗うつだ。今年第1四半期の実質GDP成長率は-0.4%(前四半期より)を記録した。世界金融危機を迎えた2008年第4四半期(-3.2%)以降10年ぶり最低で、OECD加盟国の中で最下位だ。4月の経常収支も7年ぶりに赤字(-6億6000万ドル)となった。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP