주요 기사 바로가기

IBMに次いでエヌビディア、クアルコムもサムスンと委託生産契約

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.06.11 08:15
0
「2030年システム半導体グローバル1位」を目標に掲げたサムスン電子が最近、半導体委託生産(ファウンドリー)部門で大手企業を相次いで誘致している。

台湾デジタイムズをはじめとする海外メディアによると、サムスン電子はグラフィック処理装置(GPU)分野トップ企業の米エヌビディアの次世代GPU「Ampere」を生産する。クアルコムもサムスン電子に次世代AP(仮称「Snapdragon865」)物量の委託生産を要請したという。クアルコムとエヌビディア、半導体設計(ファブレス)分野で世界1・2位の顧客を確保し、サムスン電子ファウンドリー事業も活路を見いだしている。

IBMも最近、自社のサーバーに搭載する中央処理装置(CPU)生産をサムスン電子に委託すると公式発表した。新たに確保した顧客はすべて米国企業だ。

これら企業がファウンドリー世界1位の台湾TSMCの代わりにサムスンに生産を委託した理由については、いくつかの解釈が出ている。TSMCがアップルのアプリケーションプロセッサ(AP)委託生産を最優先とする間、エヌビディアやクアルコムなど他のシステム半導体主要企業がサムスンとの提携を決めたという分析が一つだ。

米中貿易紛争による短期的な影響という解釈もある。トランプ政権の通商圧力により主要IT企業がファーウェイ(華為技術)との取引を停止したが、TSMCはまだファーウェイとの事業を続けているからだ。

NH投資証券のド・ヒョンウ研究員は10日に発表した報告書で「政治的イシューとは関係なく顧客(ファーウェイ)の製品を持続的に生産すると発表したTSMCに対する顧客の信頼度が長期的には高まると判断する」としながらも「短期的に一部の米国の顧客がファウンドリー企業としてTSMCよりサムスン電子を好む可能性もある」という見方を示した。

サムスンが4月に量産に成功したと発表した極端紫外線(EUV)基盤7ナノメートル(nm、10億分の1メートル)ファウンドリー工程がエヌビディアの新GPUに適用される見込みだ。

エヌビディアの微細工程水準は12ナノ工程だが、最近ライバルのAMDが7ナノ工程に成功して刺激を受けたという。AMDは3日、サムスン電子と次世代GPU開発のための戦略的パートナーシップを締結した。

クアルコムは現在、サムスン電子の工程に合わせてチップ開発の最終作業中だ。10ナノ工程当時もクアルコムはサムスン電子のファウンドリーを活用してチップを生産したが、昨年初めて7ナノ製品をTSMCに委託した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    IBMに次いでエヌビディア、クアルコムもサムスンと委託生産契約

    2019.06.11 08:15
    뉴스 메뉴 보기
    サムスン電子とエヌビディアのロゴ
    TOP