주요 기사 바로가기

【時視各角】文大統領の非常識な歴史観

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.06.10 09:53
0
文在寅(ムン・ジェイン)大統領は6日、韓国殉国烈士の日の追悼の辞で「極端に偏らず常識の線で愛国を考えれば、われわれは統合された社会に発展して行くことができるだろう」と述べた。ところが、追悼の辞の他の部分で大統領は偏って度を越した認識を表わした。「金元鳳(キム・ウォンボン)が大韓民国国軍の根本」と解釈されるような発言を行った。現在まで文大統領は「そのような意味でない」と釈明していない。金元鳳が韓国軍の根本なら6・25(朝鮮戦争)の時、金元鳳の侵略軍と戦って犠牲された15万人の韓国軍将兵は自分の根本に対抗した背徳者となる。「自由はタダではない。1インチの土地もただで得られたわけではない」とし、多くの血を流してこの土地を守ってきた人々が非人間的行為の共同体だったということだ。文大統領は「国家共同体の運命を自身の運命とする心が愛国」と述べたが、大韓民国がその間根本が分からない非人間的行為共同体だったとすれば、そのような国にどう愛国できるだろうか。

金元鳳が1952年3月19日に受けた朝鮮民主主義人民共和国勲章の功績書には「軍事委員会平安北道(ピョンアンブクド)全権代表として後方から軍用米を生産することに寄与し、祖国解放戦争の手柄を立てた政権機関の指導員」と書かれているという。ここで祖国解放戦争というのはソ連の指導を受ける北朝鮮軍が中国軍とともに韓米連合軍(国連軍を含む)を撃退して韓国を共産化することをいう。万一、彼らの祖国解放戦争が成功したとすれば韓国は地図上から姿を消し、われわれは今金正恩(キム・ジョンウン)の全体主義的な恐怖政治に震えているだろう。ある者は過去70年間、韓国歴史を分離体制やら言いながら誕生してはならなかった「負の歴史」であるかのように大げさに騒いでいるが、私はわが大韓民国が分離体制だといっても共産体制ではないことに感謝している。この国を共産体制にならないように命を捧げて守られた顕忠院(ヒョンチュンウォン)の魂に涙で頭を下げるばかりだ。

北朝鮮政権の初代内閣の検察総長(国家検閲相)であり、6・25当時労働相で金日成(キム・イルソン)主席が叙勲として韓国への侵略功労者であることを認証された人に「韓国軍の根本」という栄誉を与えた大統領の韓国殉国烈士の日の言及は取り消してほしい。それとも韓国と韓国軍の歴史が恥ずかしいためだ。大統領の発言を恥ずかしく思う人々が雪だるまのように増えている。このような状態では国家最高指導者として文大統領の責務である「統合された社会」を期待することが難しいため取り消しを求めるということだ。

個人的に文大統領の世界観と歴史認識に疑問を持ったことが幾度かあった。最初が2017年10月15日、中国北京大学の演説で「私は習近平主席から中国の度量の大きい夢を見た…韓国も小さい国だが、その夢にともにするだろう」と言った時だった。中国を大国として高め、自身が国家元首である韓国を小国だと下げるとはどういうことかと思った。二番目は2018年9月19日、平壌綾羅島(ピョンヤン・ヌンラド)の5・1競技場で群衆に「南側の大統領として…金正恩委員長と私は…新しい祖国を作るだろう」と叫んだ時だった。南側? 新しい祖国だとは。われわれにとって韓国の他にもう一つの祖国が必要だということか。南北平和や新韓半導体制までは良いが、あの向こう側の他の絵があるのだろうか。憲法上、大統領の権限を越える言動でないだろうか。三番目は2019年3・1記念日記念演説で「親日残滓の清算はあまりにも長い間先送りしてきた宿題…民族精気の確立は国家の義務」と宣言した時だった。人口の95%が1945年解放後に生まれた世代なのに親日分子をどこから洗い出して清算しようとするのだろうか。まさか親が親日である人々を調査して遡及連座制をかぶせようということではなかろうし。

文大統領と執権層一部の勢力は反日民族主義の感情に心酔したあげく、国家経営者としてバランスを失う時が時々あるようだ。韓国は大きくて国民は多様だ。共和国の国だ。帝王でもなければ、個人の好みで1カ所にまい進しては困る。

チョン・ヨンギ/中央日報コラムニスト

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP