주요 기사 바로가기

米38ノース「北朝鮮寧辺ウラン濃縮工場で活動」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.06.06 11:57
0
米国の北朝鮮専門ニュースサイト「38ノース」が5日(現地時間)、北朝鮮寧辺(ヨンビョン)核施設団地のウラン濃縮工場(UEP)で活動が見られると報じた。

38ノースは商業用衛星写真に登場した白いトレーラーの動きに注目した。このトレーラーは2月16日に初めて登場し、3月27日午前から見えなくなった。トレーラーの近くにあったトラックも翌日に消え、長さ20フィート(約6メートル)の円筒またはは船籍み用コンテナだけが衛星写真で確認された。その後、5月9日にまたトレーラーが同じ場所に登場し、約10人がここにいた。しかしトレーラーは先月28日からまた衛星写真に現れていないと、38ノースは伝えた。

38ノースは「衛星写真では正確に確認できないが、トレーラーと円筒または船積み用コンテナの外形が液化窒素を運ぶ時に使用するトレーラーのように見える」とし「液化窒素はウラン濃縮過程で冷却装置を稼働するのに必要」と説明した。続いて「車両に液化窒素が入ったものなら、貯蔵タンクを満たすために周期的に車が現れた可能性が高い」とし「この団地に定期的に液体窒素と推定される物質が運送されるというのは、この施設が運営されていることを意味する」と伝えた。

しかし38ノースは「実際の濃縮水準や最大4000個の遠心分離機を通じた生産量を知る確実な方法はない」とし「5メガワット原子炉や実験用軽水炉では特別な動きが見られない」とも伝えた。

韓国国家情報院は3月29日、国会情報委員会に「寧辺5メガワット原子炉は昨年から稼働が中断し、再処理施設の稼働の兆候はないが、ウラン濃縮施設を正常稼働中と判断している」と説明している。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP