주요 기사 바로가기

SUPER JUNIOR、ソンミン・カンイン除いてカムバック予定…ファン「ボイコット」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.06.04 11:00
0
SUPER JUNIORのメンバー、ソンミン(33)とカンイン(34)がグループ活動から抜ける。

所属事務所レーベルSJは「今年下半期に予定されたSUPER JUNIORの9’thオリジナルアルバムはメンバーらと協議の末にイトゥク、ヒチョル、イェソン、シンドン、シウォン、ウニョク、トンへ、リョウク、キュヒョン9人が参加することで決定された」と3日、明らかにした。

所属事務所は「チーム活動に参加しないカンインとソンミンは今後個人活動でごあいさつする計画」とし「SUPER JUNIORの明確なカムバック時期は調整中にあるが、全メンバーが国防の義務を終えて久しぶりに発売されるオリジナルアルバムであるため、多くの期待と声援をお願いする」と伝えた。

ソンミンは2014年、ミュージカル女優キム・サウン(34)と結婚当時ファンと疎通の不在を体験した。ファンたちはソンミンが恋愛と結婚の過程でファンたちをだましたとしてフィードバックを要求したが、ソンミンは繰り返して無視しファを欺瞞したという批判を浴びた。当時、ファンたちはソンミンの脱退を主張してボイコットを宣言したことがある。

カンインは2009年9月、酒を飲んで隣のテーブルにいたお客さんと争いが起こり暴行の疑惑で立件され起訴猶予処分を受けた。また、同年10月飲酒運転ひき逃げ事故で罰金800万ウォン(約73万円)の略式起訴処分を受けた。除隊後2年間予備軍に参加しなかった事実が明らかになり、最近では突然ウェブドラマに出演して議論を呼んだ。

これに先立ち、SUPER JUNIORのファングループ(E.L.F)は公式ツイッターおよびファンコミュニティなどを通して「SUPER JUNIORのカンインとソンミンの永久退出を要求する」として「本声明書の開始と終わり、そして最後まで共に進めたすべてのファンたちはひたすらカンインとソンミン、2人の退出を目的に集まったことをお知らせする」と声明書とボイコットマニュアルを掲載した。

E.L.Fは声明書に「カンインとソンミンの合流によるSUPER JUNIOR全体のイメージ失墜を懸念してこれ以上カンインとソンミンの退出要求を先送りしてはならず、一層強力な措置が必要だという意見をまとめた」として「今までいかなる対処がなかった所属事務所側に本声明書を提出すると同時に、所属事務所の明確な立場表明があるまで期限を決めずにSUPER JUNIORおよびSUPER JUNIORメンバーのすべての活動に対するボイコットを宣言する」と伝えた。

彼らはカンインに対して「カンインの活動が再開される場合、犯罪者を擁護して再起を助けたグループというレッテルが貼られるだろう」とし、「犯罪者に対する厳格な基準を適用する韓国社会で今後SUPER JUNIORは活動することが難しいだけでなく、犯罪者擁護集団という不名誉から抜け出すことができないだろう」と退出を要求する理由を明らかにした。

ソンミンに対しても「ファンを欺瞞する行為および海外ツアー途中で独断的に結婚を進めたことに対するフィードバック要求の無視などでファンたちから活動中止要求を受けたことがある」として理由を伝えた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    SUPER JUNIOR、ソンミン・カンイン除いてカムバック予定…ファン「ボイコット」

    2019.06.04 11:00
    뉴스 메뉴 보기
    SUPER JUNIOR
    TOP