주요 기사 바로가기

「粒子状物質」国民政策参加団発足、9日に1回目の討論会=韓国

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.06.02 12:03
0
粒子状物質問題解決に向けた国家気候環境会議に市民の意見を提示する国民政策参加団が1日に正式発足した。

大統領直属の「粒子状物質問題解決に向けた国家気候環境会議」はこの日午後、忠清南道天安市(チュンチョンナムド・チョナンシ)で国民政策参加団発足式を開催した。

国家気候環境会議は世論調査専門機関の助けを受け、性別、年齢、地域代表性を考慮して希望者から500人を選定し、この日委嘱状を授与した。

国民政策参加団は粒子状物質と関連して市民が感じる問題点とこれを解決する政策アイデア、低減実践案などを国家気候環境会議に伝達する役割を受け持つことになる。また、最終的な対策検討過程でも国民の声を代弁することになる見通しだ。

同会議の潘基文(パン・ギムン)委員長はこの日の発足式での歓迎あいさつを通じ、「忙しい暮らしの中で(粒子状物質問題解決という)公益のため献身するという決定は容易でなかっただろうが、(国民参加団に参加した)みなさんの情熱と関心に深く感謝申し上げる」と述べた。

潘委員長は「みなさんは5000万人の国民を代表される人たちで、みなさんの言葉が10万人を代表するもの。みなさんが粒子状物質国会議員になったと考えれば良い」と付け加えた。

一方、国民政策参加団は9日に開かれる第1回国民大討論会に参加する。討論会はKBSで生中継する。また、9月初めに開かれる第2回国民大討論会にも参加する。

国家気候環境会議は討論会などで提示された国民政策参加団の意見を反映して9月中に政府に粒子状物質短期対策を提案する予定だ。



関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    「粒子状物質」国民政策参加団発足、9日に1回目の討論会=韓国

    2019.06.02 12:03
    뉴스 메뉴 보기
    国家気候環境会議の潘基文委員長が1日に忠清南道天安で開かれた国民政策参加団発足式で歓迎あいさつを述べている。(写真=国家気候環境会議)
    TOP