주요 기사 바로가기

韓経:限韓令3年、さらに強くなった韓流…「Kコンテンツ」輸出5兆ウォン超(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.05.31 10:51
0
新韓流ブームが世界を強打している。防弾少年団(BTS)で代表されるK-POPがアジアを越えて米国や欧州など世界音楽市場の中心に立った。『キングダム』『ミスター・サンシャイン』などの韓国ドラマはYouTube(ユーチューブ)やNetflix(ネットフリックス)のようなオンライン動画ストリーミング(OTT)プラットホームに乗って人気を得ている。米国主要放送局では『覆面歌王』『グッド・ドクター』などの韓国放送番組をリメークした作品が高視聴率を記録している。2016年に中国政府の限韓令発動を機に企業が攻略対象と戦略を変えて体質改善を図ったためだ。

韓流熱風に乗ってコンテンツ輸出も急増した。韓国国際文化交流振興院によると、昨年韓流関連コンテンツ輸出額は前年比22.8%増となる44億2500万ドル(約5兆2551億円、約4835億円)を記録した。史上初の5兆ウォン超えだ。増加幅もますます大きくなっている。2016年には前年比13.6%、2017年には15.5%増えた。韓国国際文化交流振興院のキム・ヨンナク院長は「BTSとOTTのおかげで韓流が従来の領域を越えた」とし「韓流産業が成熟期に入っている」と話した。

◆BTSが再び火をつけた韓流熱風…OTTに乗って世界の中心に

英国ロンドン公演会場「ウェンブリー・スタジアム」の客席は計10万席だ。世界公演会場のうち最大規模を誇る。クイーンやジョージ・マイケル、ビヨンセなどグローバルスターが主に立った「夢の舞台」だ。来月1~2日には防弾少年団(BTS)がウェンブリーのステージに韓国歌手として初めて上がる。観覧券は前売り開始90分ですべて売り切れた。

世界文化コンテンツ市場の中心に立ったのはBTSだけではない。韓国映画で初めてカンヌ映画祭パルムドールを受賞したポン・ジュノ監督の映画『寄生虫(英題・パラサイト/Parasite)』は受賞に先立ち192カ国に販売された。バラエティ『覆面歌王』、ドラマ『グッド・ドクター』など韓国の人気テレビ番組は米国でリメークされて大人気を呼んでいる。1990年代中盤、中国で始まった韓流ブームが20余年で世界各地に広がって激しく吹いているという評価だ。

◆限韓令契機に体質改善出た韓流

2016年中国政府がTHAAD(高高度ミサイル防衛体系)報復の一環として限韓令を発動すると、国内コンテンツ業界には危機感が襲った。韓流の発源地であり最大市場である中国で、K-POP公演や韓国ドラマの放映、韓国映画の上映が中断された。これまで活発に行われてきた中国のコンテンツ投資と韓中合作事業が跡形もなくなった。

韓国企業は中国依存度から脱して東南アジアや日本はもちろん、米国や欧州などに目を向けた。YouTube、NetflixのようなグローバルOTTプラットホームを積極的に活用した。中国コンテンツ輸出の比率は2016年31%から昨年20%台に低くなり、同期間それぞれ10%台にとどまっていた米国と欧州の比率は20%台に上昇した。韓国銀行によると、今年1-3月期の「音響映像および関連サービス」収支(音源・映画・ドラマ・芸能などによって海外で上げた利益で、外国に払った金額を差し引いたもの)は昨年同期比55%増となる1億1470万ドルの黒字を記録した。限韓令発動以前の2016年1-3月期(1億1540万ドル)水準に回復した。
韓経:限韓令3年、さらに強くなった韓流…「Kコンテンツ」䆗出5兆ウォン超(2)



関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓経:限韓令3年、さらに強くなった韓流…「Kコンテンツ」輸出5兆ウォン超(1)

    2019.05.31 10:51
    뉴스 메뉴 보기
    『覆面歌王』米国版
    TOP