주요 기사 바로가기

<U-20W杯>韓国、南アフリカに1-0勝利…決勝T進出に青信号

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.05.29 08:32
0
U-20(20歳以下)国際サッカー連盟(FIFA)ワールドカップ(W杯)本大会に出場している韓国U-20代表が南アフリカを相手に今大会の初勝利を挙げた。

チョン・ジョンヨン監督が率いる韓国U-20代表は20日、ポーランドのキヒスタジアムで行われたU-20W杯本大会グループリーグF組第2戦で、キム・ヒョンウ(ティナモ・ザグレブ)の得点を守り抜き、1-0で南アフリカを降した。

26日の第1戦でポルトガルに0-1で敗れた韓国は第2戦で南アフリカに勝利し、グループリーグの成績を1勝1敗とした。勝ち点3でポルトガルと並んだが、得失点で上回りアルゼンチン(2勝、勝ち点6)に次ぐ組2位となった。南アフリカはアルゼンチン戦(2-5)に続いて2連敗で最下位。

韓国は長身FW呉世勲(オ・セフン、牙山)をトップに4-2-3-1フォーメーションで試合に臨んだ。チョ・ヨンウク(ソウル)、李康仁(イ・ガンイン、バレンシア)、オム・ウォンサン(光州)を第2線に並べて、攻撃を支えた。

中盤にはキム・ジョンミン(リーフェリング)とチョン・ホジン(高麗大)を配置し、4バックは左側からチェ・ジュン(延世大)-イ・ジェイク(江原)-キム・ヒョンウ-ファン・テヒョン(安山)で構成した。GKにはイ・クァンヨン(江原)が入った。

雨のためグラウンドが滑りやすい状況で両チームは攻防戦を続けた。前半は南アフリカが攻勢を見せたが、後半は体力を維持した韓国が一方的に攻めた。

決勝点は後半23分に生まれた。左CKから李康仁が短く出したボールをキム・ジョンミンがゴール前に上げ、攻撃に加わったDFキム・ヒョンウが頭で合わせてて南アフリカのゴールネットを揺らした。

チョン・ジョンヨン監督は後半18分、MFチョン・ホジンの代わりにFWチョン・セジン(水原)を投入して攻勢に出た。得点後の後半32分にはFWチョ・ヨンウクを抜いてMFパク・テジュン(城南)を起用し、バランスを回復させた。

初勝利をつかんだ韓国は決勝トーナメントに進出する可能性が高まった。今大会は24カ国が出場し、グループリーグを通過した16カ国がトーナメントを行う。各組1・2位はもちろん、組3位も6チーム中4チームが決勝トーナメントに進む。

勝ち点3を確保した韓国は来月1日に予定されたアルゼンチンとのグループリーグ最終戦で大敗しない限り決選トーナメントに進出する可能性が高い。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP