주요 기사 바로가기

トランプ氏、真珠湾を空襲した空母「加賀」の名を冠した戦艦に乗艦(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.05.29 07:33
0
28日午前10時30分、ドナルド・トランプ米国大統領夫妻を乗せた専用ヘリコプター「マリーンワン」が、神奈川県の横須賀基地に停泊中の日本海上自衛隊護衛艦「いずも」級護衛艦「かが」の甲板に降り立った。先に到着していた安倍晋三首相夫妻がトランプ大統領夫妻を迎えた。

全長248メートル、全幅38メートル、満載排水量が2万7000トンの「かが」は、昨年末に日本政府が事実上、航空母艦として改造することを決定した。今はヘリコプターが離発着している「かが」の甲板を改造し、将来的に米国の垂直離着陸ステルス戦闘機「F35B」を運用する予定だ。これをめぐり、日本国内でも「攻撃武器の空母を保有するのは平和憲法違反」という主張が絶えない。そのような「かが」をトランプ大統領が国賓訪日3泊4日の最後日に訪れて安倍政府の軍事大国化への意図に反対しないという意向を国際社会に知らせたという分析がある。

両首脳夫妻と主要関係者は、大型エレベーターのように降りて行く甲板を通じて海上自衛隊や在日米軍ら500人余りが待っていた格納庫に到着した。拍手とともにスマートフォンのシャッターの音が続いた。

自身を「自衛隊最高司令官」と紹介した安倍首相は「日米の首脳がそろって両国隊員(自衛隊と米軍)を激励するのは史上初」としながら、日米同盟はこれまでになく強固なものとなって「かが」の艦上に両首脳が並んで立っていることがその証だとして声を高めた。トランプ大統領は「米国海軍第7艦隊の兵士と日本海上自衛隊隊員がそろってここにいるという事実がうれしい」とし「米軍船舶と同盟国艦船がともに肩をあわせているここは恒久的な力とパートナーシップを象徴している」と述べた。トランプは「かが」の格納庫で「私の友人である安倍首相に感謝を伝える」とし「本当に素晴らしい。強い決意で日本の防衛能力を高めようとし、米国の安全を高めることにも貢献している」と称賛した。

岩屋毅防衛相もこの日、両国首脳が「かが」を訪れたことに対して「日本と米国が緊密に協力しながら自由で開かれたインド太平洋をつくっていくという意志を対外に示した」と評価した。実際、「かが」には日米同盟の過去・現在・未来の“コード”が隠されている。その最終目的地は「軍事大国・日本」というのが専門家の見方だ。
トランプ氏、真珠湾を空襲した空母「加賀」の名を冠した戦艦に乗艦(2)



関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    トランプ氏、真珠湾を空襲した空母「加賀」の名を冠した戦艦に乗艦(1)

    2019.05.29 07:33
    뉴스 메뉴 보기
    日本帝国の航空母艦「加賀」は、1942年6月のミッドウェー海戦で米軍の急降下爆撃機攻撃によって撃沈された。
    TOP