주요 기사 바로가기

変速機問題で生産中断の「K2戦車」、2次量産出庫式を開催

ⓒ 中央日報日本語版2019.05.27 10:34
0
K2戦車の第2次量産事業の最初の生産分が出庫された。現代ロテムは27日、防衛事業庁と昌原(チャンウォン)工場でK2戦車第2次量産出庫式を開いたと明らかにした。出庫式はK2戦車第2次量産事業の再開と初回物量の出庫を記念するために準備された。現代ロテムがこの日出庫したK2戦車は2台で、2021年までに第2次量産分をすべて納品する計画だ。

2014年に契約が締結されたK2戦車第2次量産事業は2017年までに納品を終えることになっていたが、国産変速機が耐度試験を通過できず2年以上も事業全体が中断された。このため現代ロテムは数十台のK2戦車を生産しながらも、変速機がなく納品できなかった。

しかし防衛事業庁は昨年2月の防衛事業推進委員会で国産エンジンとドイツ変速機を組み合わせてK2戦車に搭載することを決め、年初に3200キロ走行試験と低温始動試験を通過したことを受け、初回の物量を出庫することになった。

K2戦車は2008年に開発された次世代戦車。主砲に120ミリ滑腔砲を適用して優れた火力を確保し、最大速度70キロ(時速)の機動力を発揮する。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    変速機問題で生産中断の「K2戦車」、2次量産出庫式を開催

    2019.05.27 10:34
    뉴스 메뉴 보기
    現代ロテムが生産したK2戦車(写真=現代ロテム)
    TOP