주요 기사 바로가기

韓経:【コラム】日本の「おもてなし外交」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.05.23 09:56
0
1983年11月、東京都西多摩郡日の出町の首相別荘。当時の中曽根康弘首相が伝統的なかまどを備えた畳の部屋で日本の作法でレーガン米大統領に膝をついて茶を点て心を込めて接待した。その後2人は互いを「ロン」と「ヤス」と呼び合い最高の同盟を構築した。

外交街ではこれを「おもてなし外交」の代表的な場面に挙げる。最近は安倍晋三首相がトランプ米大統領と第2の「ロン・ヤス時代」を開くために努力している。

安倍首相の接待外交を一言で要約すればゴルフと美食だ。彼はトランプ大統領が当選して9日後にニューヨークのトランプタワーを訪れ日本製の本間ゴルフのゴルフクラブをプレゼントした。2017年のトランプ大統領の日本訪問時にも最初の日程をゴルフにし「フィールドの友情」を確かめた。

2日間4回一緒にした食事では牛肉が好きなトランプ大統領のために米国産牛肉のハンバーガーと和牛の鉄板焼きを出した。焼き加減ウェルダンが好きなトランプ大統領のために目の前で肉を焼く鉄板焼きを選んだ。牛肉も昼は米国産、夜は日本産を出し両国間のバランスを取った。

安倍首相は2014年にインドのモディ首相にも2日間にわたり京都迎賓館の庭園を散策し名勝地を案内するなど親密さを高めた。そのおかげでインドの高速鉄道導入事業で日本の新幹線が採用された。昨年にはモディ首相を別荘での夕食に招き日本の特産品をふるまって中国の勢力拡張に対する両国の協力案を話し合った。

25~28日に東京を訪問するトランプ大統領には相撲観覧時に日本の長い伝統を破って座布団の代わりに専用の椅子を準備するなど破格の対応をすることにした。2人は先月のワシントンでの首脳会談に続き来月主要20カ国(G20)首脳会議で会う。3カ月連続での会合、2年7カ月間で12回も会うのは日米首脳会談65年の歴史で初めての出来事だ。

これと違い韓国はまともな接遇受けられずにいる。河野太郎外相が一昨日強制徴用問題に対し文在寅(ムン・ジェイン)大統領に直接言及し解決に出るよう促す外交的欠礼まで犯した。そうでなくても日本は今年の「外交青書」で韓国との不和を際立たせ露骨な冷遇をしてきた。なぜこのようになったのだろうか。日本の「おもてなし」を受けられず、むしろ「軽視」されることになった理由が何か落ち着いて振り返らなければならない時だ。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓経:【コラム】日本の「おもてなし外交」

    2019.05.23 09:56
    뉴스 메뉴 보기
    日本の「おもてなし外交」
    TOP