주요 기사 바로가기

ポン・ジュノ監督、カンヌ取材陣に映画のネタバレは自制を「丁寧に呼びかけ」

ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版2019.05.21 08:27
0
ポン・ジュノ監督がカンヌ映画祭で取材陣に映画の報道資料とともにネタバレは自制してほしいと呼びかけるメッセージを伝えた。

映画『Parasite』(原題、ポン・ジュノ監督)が21日(現地時間)、フランス・カンヌのリュミエール大劇場でベールを脱ぐ。初公開を控えて配布された『Parasite』の公式報道資料にはポン・ジュノが直接書いたメッセージもあった。

ポン・ジュノは公開に先立ち、先に映画を見る取材陣にネタバレに対するメッセージを伝えた。ポン・ジュノは「お願いします」として「最近の観客は期待作の公開を待つ時、普段頻繁に接続する映画サイトも遠ざけ、人の多い劇場のロビーではわざわざヘッドセットを使って音楽ボリュームを上げるという。もちろん、『Parasite』がひたすら反転にこだわる、そのような映画ではない。ある高校生が『ブルース・ウィリスが幽霊だ』と叫んだせいで劇場ロビーの観客が挫折と怒りで怒りをぶつけた昔のあるハリウッド映画とは明らかに違う」と伝えた。

また、「それにもかかわらず、ストーリーの大小の峠ごとに観客が時には静まり、時には驚いて毎瞬間の生き生きした感情と共に映画の中に陥ってほしいと思いながら映画を作った人々は切に願っている。そのため、無礼を押し切って丁寧にお願いする」と呼びかけた。

最後に、ポン・ジュノ監督は「皆さんがこの映画に対する記事を書かれる時、その間予告篇などを通して露出した2人の兄弟姉妹の家庭教師バイトが始まってからのストーリー展開について最大限隠していただければ、私ども製作スタッフに大きなプレゼントになるだろう」と文章を締めくくった。

『Parasite』は今年カンヌ国際映画祭に韓国映画としては唯一競争部門に進出した。全員失業者であるキテク(ソン・ガンホ)家の長男、キウが(チェ・ウシク)が高額の家庭教師の面接を受けるためにパク社長(イ・ソンギュン)家に足を踏み入れることで始まる2つの家族の出会いが手のほどこしようもない事件に広まっていく話を描いた映画だ。公開されたあらすじの中にどのような反転とメッセージが隠されているか関心が集まっている。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    ポン・ジュノ監督、カンヌ取材陣に映画のネタバレは自制を「丁寧に呼びかけ」

    2019.05.21 08:27
    뉴스 메뉴 보기
    ポン・ジュノ監督の映画『Parasite』
    TOP