주요 기사 바로가기

日本防衛相、韓国との関係改善に意欲 「元の関係に戻したい」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.05.20 06:36
0
岩屋毅防衛相が18日、韓国について「元の関係に戻したい」と述べて関係改善に意欲を示した。昨年12月に自衛隊哨戒機論争などで韓日関係が悪化した中、北朝鮮ミサイル発射を契機に両国関係を回復しようという狙いがあるとみられる。

日本メディアによると、岩屋氏はこの日、大分県で開かれた国政報告会に出席し、最近北朝鮮が短距離ミサイルを発射した事実に言及した。

あわせて「日米韓がしっかりタッグを組まなければ、国の安全を守っていくことはできない。(韓国との間で)いろいろ問題は起きたが、元の関係に戻したい」と述べた。続いて「防衛関係者が顔見知りになって信頼関係を築かなければ、何か問題が起きた時に大きな問題に発展する」とし「絶対に紛争を大きくしてはならない。そのため防衛外交にも全力を挙げたい」と述べた。

今月31日からシンガポールで開かれるアジア安全保障会議(シャングリラ会合)を契機にした韓日防衛相会談の開催について、岩屋氏は今月10日、「日米韓、日韓の連携は北朝鮮情勢を考えて非常に大事だ」として意欲を示している。また、韓日協力の再開に関しても「一朝一夕にはいかないかもしれないが、前向きな、建設的な話し合いができるような環境をぜひ整備したい」と述べた。

会談が実現すれば昨年12月に自衛隊哨戒機論争以降で行われる初めての国防トップの接触となる。韓日間の国防トップ会談は昨年10月を最後に開かれていない。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP