주요 기사 바로가기

韓国メーカー、電車用推進システム商用化…日本企業の依存から抜け出す

ⓒ 中央日報日本語版2019.05.16 10:06
0
韓国の現代ロテムが電車用の推進システム「永久磁石同期電動機」の技術を商用化した。

現代ロテムは16日、ソウル交通公社とともに永久磁石同期電動機(Permanent Magnet Synchronous Motor)とこれを制御する推進制御装置を開発し、ソウル地下鉄6号線の列車にこの装置を適用して初めて営業運転を行ったと明らかにした。現代ロテムはこの装置を適用した6号線は従来の列車よりも室内の騒音は低速で10デシベル減少し、高速では3デシベル程度減少すると明らかにした。

また、エネルギー消費が26%低減されることに伴い、30年間のエネルギー費用は約358億ウォン(33億円)、メンテナンス費用は約38億ウォン節減できると強調した。また、日本メーカーなどに依存していた同期電動機の国産化により、ソウル交通公社が交換予定の老朽電車の需要を考慮すると約1000億ウォンの輸入代替効果も予想されるという。現代ロテムは開発した新技術を今年3月に特許登録し、今後は水素燃料電池トラムや高速車両、機関車用永久磁石同期電動機推進システム技術も開発する予定だと明らかにした。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓国メーカー、電車用推進システム商用化…日本企業の依存から抜け出す

    2019.05.16 10:06
    뉴스 메뉴 보기
    現代ロテムが開発した永久磁石同期電動機と推進制御装置(写真提供=現代ロテム)
    TOP