주요 기사 바로가기

ポン・ジュノ監督作『Parasite』、韓国映画9年ぶりにカンヌで受賞するだろうか

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.05.16 09:30
0
ジム・ジャームッシュ監督のゾンビ映画『The Dead Don’t Die』を皮切りに、第72回カンヌ映画祭がフランス南部都市カンヌで12日間始まった。この映画は14日(現地時間)開幕作であり公式競争作として上映された。俳優ビル・マーレイ、女優セレーナ・ゴメス、女優ティルダ・スウィントンなど出演俳優・女優が監督とともにレッドカーペットを輝かせた。

ジャームッシュ監督は1984年『ストレンジャー・ザン・パラダイス』で新人監督に与えられるエキュメニック賞を受け、カンヌと長い縁を結んできた米国の独立映画界スター監督。今回の新作は熱狂的な好評の雰囲気ではないようだ。米国雑誌「ハリウッド・リポーター」は「3分を超えない起立拍手とともに曖昧な反応を得た」と伝えた。英国日刊紙「ガーディアン」は5つ星の満点で3つ星をつけた。

これを含んで今年のパルム・ドールを競う競争作は合わせて21本。韓国映画ではポン・ジュノ監督の『Parasite(寄生虫)』が上がっている。俳優ソン・ガンホと俳優イ・ソンギュンなどが主役を演じたこの映画は、経済状況が全く違う2つの家族の物語。家長(ソン・ガンホ)をはじめ家族全員が失業状態である家の長男(チェ・ウシク)がIT企業代表(イ・ソンギュン)の家に高額の家庭教師として面接を受けに行くことから始まる話だ。カンヌ現地で21日、初めて公開される予定だ。ポン監督が競争部門に招待されたのは2年前、ネットフリックス映画『オクジャ/okja』に続き2番目。2010年イ・チャンドン監督が『ポエトリー アグネスの詩』で脚本賞を受けてから9年ぶりに韓国映画が賞を受けることができるか期待が集まっている。

今年も競争部門には巨匠が多い。英国の社会派監督、ケン・ローチは配達員として生きていく家長を通じて新しい労働現実を扱った『Sorry We Missed You』を、ベルギーの2人組監督、ダルデンヌ兄弟は極端主義に陥った青少年の話『Young Ahmed』を、テレンス・マリック監督はナチに対抗した良心的兵役拒否者の実話を素材にした『A Hidden Life』をリリースする。いずれも過去パルム・ドールを受けたことのある監督だ。

特に、25年前『パルプ・フィクション』で黄金奨励賞を受けたクエンティン・タランティーノ監督は華麗なキャスティングの『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』で大きく注目されている。1969年米ロサンゼルスを背景にレオナルド・ディカプリオが人気が落ちたテレビ俳優として、ブラッド・ピットがそのスタント代役として主役を演じた。

今年の公式競争作審査委員長はメキシコ出身のハリウッド監督、アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ。審査委員は女優エル・ファニング、監督ヨルゴス・ランティモスなど合わせて9人だ。パルム・ドールをはじめとする主な受賞作は25日に発表される。韓国映画は『Parasite』と『悪人伝』(ミッドナイト・スクリーニング、非競争)とともにヨン・ジェグァン監督の『リョンヒ』(原題)が学生短編競争部門であるシネファウンデーション、チョン・ダヒ監督の短編アニメーション『Movements』が監督週間に招待された。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    ポン・ジュノ監督作『Parasite』、韓国映画9年ぶりにカンヌで受賞するだろうか

    2019.05.16 09:30
    뉴스 메뉴 보기
    映画『The Dead Don’t Die』
    TOP