주요 기사 바로가기

日本、宇宙部隊を100人規模で発足へ

ⓒ 中央日報日本語版2019.05.14 14:19
0
日本防衛省が2022年までに航空自衛隊の宇宙領域専門部隊を100人規模で発足させる方針を固めた。日本メディアは13日、複数の防衛省関係者を引用して、このように伝えた。

新しく発足する宇宙部隊は人工衛星への脅威となるスペースデブリ(宇宙ごみ)のほか、中国やロシア、国籍不明の人工衛星の動向を常時監視することが主な任務。山口県に新設予定の高性能の地上レーダーなどで収集したデータを分析する。

航空自衛隊は米カリフォルニア州の空軍基地の宇宙作戦センターに常駐連絡官も派遣する方針という。東京新聞は「航空自衛隊が米空軍基地に連絡官を置くのは宇宙分野で進んでいる米国のノウハウを得るため」と伝えた。

これに先立ち日本は昨年「防衛計画大綱」にサイバー・電磁波分野と宇宙分野の能力強化を重点推進課題として含めた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP