주요 기사 바로가기

北朝鮮「韓国、仲裁者の役割にこだわればさらに困り果てるだろう」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.05.07 08:24
0
金正恩(キム・ジョンウン)北朝鮮国務委員長は4日、江原道元山(カンウォンド・ウォンサン)でミサイル訓練を見守った後、金野江(クムヤガン)発電所を現地指導した。対外的な武力示威と経済回復に向けた歩みを一日で消化した。北朝鮮の対外宣伝メディアであるわが民族同士は6日「韓国当局がずっとつまらない『仲裁者』の役割にこだわれば自身らの境遇をより困らせるだけ」と主張した。米国と韓国、国際社会を相手にした金正恩委員長の次のステップは何だろうか。

韓国の前職政府高位当局者はこの日「北朝鮮が官営メディアを通じて公開する写真・演説にはそれなりのメッセージを含んでいる」として「『国際社会が阻止してきた弾道ミサイルを打ち上げたがどうだ』という意味に見られる」と話した。

金委員長が先月17日、国防科学院を訪問した時は試験発射した兵器(戦術誘導兵器)の写真を公開しなかった。しかし、4日、ミサイルと推定できる写真を4枚(労働新聞)も公開したのは米国などに向かって今度は短距離だが中・長距離ミサイル挑発も可能だという脅威になり得るということだ。したがって、米国など国際社会が北朝鮮への圧力を強化する場合、北朝鮮がさらなる軍事挑発に出る可能性があるという懸念の声が高まっている。

元合同参謀本部関係者は「追加挑発の可能性がないわけではないが、北朝鮮が直ちに中・長距離ミサイルのカードを切る場合、北朝鮮への制裁が伴われるということを分かっているだろう」とし、「海上射撃訓練など低強度で挑発する可能性がある」と展望した。

長距離ミサイル技術を取り入れた人工衛星の打ち上げも北朝鮮が使えるカードだ。北朝鮮は2月、平安北道東倉里(ピョンアンブクド・ドンチャンリ)の長距離ミサイル発射基地〔北朝鮮は西海(ソヘ)衛星発射場〕を整備した。中国などの地域から人工衛星の技術を輸入し衛星製作も終えたと当局は把握している。その気になれば人工衛星の打ち上げは時間の問題であるわけだ。

仁済(インジェ)大学統一学部のチン・ヒグァン教授は「北朝鮮は現在、中国・ロシアと協力体制の構築に総力をあげており、直ちに韓米との公開的な対話に出る可能性は大きくない」とし「だが、来年党創建75周年を控えて経済的な成果が急がれる北朝鮮が水面下での接触を通じて南北首脳会談と第3回米朝首脳会談に応じるのではないだろうか」と見通した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    北朝鮮「韓国、仲裁者の役割にこだわればさらに困り果てるだろう」

    2019.05.07 08:24
    뉴스 메뉴 보기
    韓国の文在寅大統領(左)と北朝鮮の金正恩国務委員長(右)が昨年9月19日午前、平壌百花園迎賓館で平壌共同宣言文に署名した後、合意書を開いて取材陣に見せている。(写真=平壌写真共同取材団)
    TOP