주요 기사 바로가기

就任2周年国政遂行支持率…文大統領、金大中元大統領に続く高い評価

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.05.03 15:18
0
文在寅(ムン・ジェイン)政権発足2周年を前に行われた各分野別評価は福祉・対北朝鮮・外交政策に関しては肯定的評価が50%前後だったが、雇用労働・経済政策、公職者人事に対する肯定的評価は30%以下という世論調査結果が3日に発表された。

世論調査専門機関「韓国ギャラップ」が先月30日から今月2日まで全国の成人男女1004人を対象に「現政権の主要分野別政策評価」(信頼水準95%、標本誤差±3.1%ポイント)調査結果において経済・雇用労働・福祉など各分野別評価について質問した結果、福祉政策は51%が肯定的に評価し、対北朝鮮・外交政策についてはよく遂行しているという意見がそれぞれ45%に及んだ。しかし、雇用労働・経済政策、公職者人事については肯定的評価が30%を下回り、教育政策は肯定・否定的評価がともに30%台と同程度で、意見留保が多かった。

これについて韓国ギャラップは「分野別肯定的評価を2月末と比較すると対北朝鮮(59%→45%)、外交(52%→45%)分野の下落幅が相対的に大きい」とし、「これは第2回米朝首脳会談がもの別れに終わった点、4・27南北首脳会談・板門店(パンムンジョム)宣言1周年記念式に北朝鮮が参加しないなど最近若干疎遠になっている南北関係などが反映された結果と見られる」と分析した。

文在寅大統領の国政遂行支持率は先週より1%ポイント上昇した45%という調査結果が出た。否定的評価は1%ポイント下がった46%、意見留保は9%だった。盧泰愚(ノ・テウ)元大統領以降の歴代大統領の中で文大統領は就任2周年にあたり金大中(キム・デジュン)元大統領に続き高い国政支持率を記録した。

韓国ギャラップは就任2周年頃の歴代の大統領の国政遂行支持について、盧泰愚元大統領が28%、金泳三(キム・ヨンサム)元大統領が37%、金大中元大統領が49%、盧武鉉(ノ・ムヒョン)元大統領が33%、李明博(イ・ミョンバク)元大統領が44%、朴槿恵(パク・クネ)元大統領が33%だったと紹介した。

文大統領は4・27板門店宣言直後の2018年5月第1週に83%の職務遂行肯定評価を記録し、歴代大統領の中で最も高い就任1周年の支持率を記録した。しかし、昨年6月13日の地方選挙後に民生経済問題に対する指摘が増えたことで肯定率が下がり続け9月初めに初めて肯定・不正率の差が10%ポイント以内に縮小され、その後肯定・不正率がともに40%台である状態が5カ月間続いている。

政党支持率は共に民主党が1%ポイント上昇した36%、自由韓国党は先週と同じ24%、定義党が1%ポイント下がった8%、正しい未来党が1%ポイント下がった6%、民主平和党が0.4%という結果になった。

一方、文大統領の国政遂行支持率が先週に比べ1%ポイント高い45%という結果が出た。「文大統領が職務をよく遂行していると考えるか」と質問した結果、回答者の45%が肯定的に評価し、「よく遂行していない」と答えた人は46%で先週より1%ポイント下がった。「どちらでもない」が5%、「分からない/回答拒否」は4%という集計結果が出た。これについて韓国ギャラップは「肯定・否定率ともに40%台である状態が連続5カ月目に入った」と説明した。

詳しい調査概要および結果は韓国ギャラップホームページや中央選挙世論調査審議委員会ホームページで確認できる。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    就任2周年国政遂行支持率…文大統領、金大中元大統領に続く高い評価

    2019.05.03 15:18
    뉴스 메뉴 보기
    文在寅大統領
    TOP