주요 기사 바로가기

韓経:韓国GM、5年連続赤字の「泥沼」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.05.02 09:03
0
韓国GMが昨年6000億ウォンを超える営業損失を記録し5年連続で赤字を出した。売り上げは13年ぶりに10兆ウォンを下回った。金融監督院電子公示システムが1日に明らかにしたところによると韓国GMは昨年連結基準で営業損失6148億ウォン(約587億円)を記録した。前年の8385億ウォンより赤字幅は減ったが2014年の1192億ウォンから5年連続の営業損失となった。2017年の中国の高高度防衛ミサイル(THAAD)報復に続き昨年2月の群山(クンサン)工場閉鎖にともなう韓国撤退説により販売が急減したためだ。

韓国GM関係者は「昨年は構造調整と退職慰労金など単発費用が6000億ウォン以上発生した。単発費用を除けば実際の損失は2000億ウォン程度」と話した。構造調整により単発的費用は発生したが群山工場閉鎖で固定費などは大幅に減ったという説明だ。昨年の当期純損失は8593億ウォンで前年の1兆6265億ウォンより47.1%減った。韓国GMは今年損益分岐点を合わせ来年から黒字転換するという計画だ。

ただ業界では販売不振を懸念する声が多い。群山工場閉鎖後、韓国市場で韓国GMがそっぽを向かれているためだ。韓国GMの昨年の売り上げは9兆3367億ウォンで前年の10兆9132億ウォンより14.4%減少した。昨年の世界販売台数は46万2871台で前年の52万4547台より11.8%減った。特に内需が大きく振るわなかった。9万3317台を販売し前年より30%近く減少した。

この5年間で韓国GMの累積純損失は4兆4000億ウォンに達した。同社は2013年に1010億ウォンの当期純損失を記録してから毎年純損失が続いている。



関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP