주요 기사 바로가기

「脱北者7人、北へ強制送還の危機…9歳の女の子も」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.04.30 10:35
0
9歳の女の子を含む脱北者7人が中国公安に逮捕され、北朝鮮に送り帰される危機にあると対北朝鮮人権団体が29日に主張した。

北韓(北朝鮮)正義連帯は同日、報道資料で「脱北して中国瀋陽郊外の周辺地域に逃避中だったチェさん(9)と母方の伯父のカンさん(32)が中国公安に逮捕され、北へ強制送還される危機に置かれている」と明らかにした。

北韓正義連帯は「彼らは今月初めに鴨緑江(アムノッカン)を越え脱北し、瀋陽郊外周辺の隠れ場所に移動を待機中で、逮捕当時他の5人の脱北民も共に逮捕された」と話した。

団体によると、韓国に住んでいるチェさんの母親が娘と兄の逮捕の知らせを聞き、28日夕方、駐中国瀋陽韓国領事館にこの状況を伝え、韓国政府の介入を要請した。

また、チェさんの母親は同日外交部を訪問し、脱北者に対する保護を要請し中国政府が彼らを難民認定するように韓国政府が乗り出すよう求めた。

韓国外交部はこの知らせを受け、瀋陽や北京などで中国地方政府と中央政府に接触していると伝えられた。

外交部当局者は「韓国政府は関連事項を認知すると同時に即時に必要な措置を取っている」と説明した。

チェさんの家族は午後に金錬鉄(キム・ヨンチョル)統一部長官にも助けを求めた。

彼らはソウル中区(チュング)の韓国プレスセンターで開かれた「第18回世界韓国人言論人大会」で祝辞を終えて出ていく金長官に会い、「北朝鮮への送還危機に面した私たちの家族を助けてくれ」と訴えた。

北韓正義連帯は「中国公安に逮捕されたチェさんら脱北民について中国政府の北朝鮮への強制送還を深刻に憂慮し、外交部が積極的な外交的努力を傾けることを促す」と明らかにした。

また「中国政府は国際協約の児童権利保護条約と国際難民に関する協約によりチェさんを保護し、北への強制送還を中止すべきであり、彼らの希望を把握し措置できるように国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)事務官への接触を直ちに許容しなければならない」と求めた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP