주요 기사 바로가기

<板門店宣言1周年>文大統領「ゆっくり来る人たち待たなければ」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.04.28 09:30
0
文在寅(ムン・ジェイン)大統領は27日、「板門店(パンムンジョム)宣言1周年」を迎え、「しばらく息を整えながらともに道を探さなければならない」と話した。

文大統領はこの日板門店南側地域で開かれる4・27首脳会談1周年記念行事に出席せずビデオメッセージを送った。

文大統領はビデオを通じた祝辞で、「われわれは平和に暮らす資格がある。われわれは韓半島(朝鮮半島)を超え大陸を夢見る能力がある。共感しともにしてこそ新しい未来を開くことができる」と強調した。

続けて「板門店宣言はひとつひとつ履行されている。南北がともに非武装地帯GPを撤収しており戦死者の遺骨発掘もしている。西海(黄海)の漁場が広くなり鉄道と道路を連結するための準備も終えた」と明らかにした。

文大統領はハノイで開かれた米朝首脳会談以降に非核化議論が膠着した状況を念頭に置いたように「時にはゆっくり来る人たちを待たなければならない」と話した。続けて「時には難関の前でしばらく息を整えてともに道を探さなければならない」と付け加えた。

その上で「板門店宣言が年を重ねるほど、われわれは後戻りできない平和、ともによく暮らする韓半島に出会うだろう。歴史的宣言の場を開いてくれた国民に感謝申し上げる。金正恩(キム・ジョンウン)委員長と北朝鮮の住民たちにもあいさつを伝えたい」と締めくくった。

この日の行事は統一部とソウル市、京畿道(キョンギド)が主管し、「遠い道」を主題にした南北首脳会談1周年記念文化公演が開かれた。

韓国政府は22日に南北共同連絡事務所を通じ北朝鮮に板門店宣言1周年行事計画を通知したが北朝鮮側は特別な反応を見せていないという。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <板門店宣言1周年>文大統領「ゆっくり来る人たち待たなければ」

    2019.04.28 09:30
    뉴스 메뉴 보기
    文在寅大統領が「板門店宣言1周年」を迎えメッセージを発表している(写真=青瓦台)
    TOP