주요 기사 바로가기

ファストトラック表決できず、韓国国会が大混乱

ⓒ韓国経済新聞/中央日報日本語版2019.04.27 11:46
0
与党・共に民主党などが26日夜、選挙法・高位公職者不正捜査処法などの「ファストトラック」(迅速処理案件)指定を図ったが、自由韓国党などの阻止で実現しなかった。民主党など与野党4党はこの日午後、高位公職者不正捜査処法理法と検警捜査権調整案(刑事訴訟法・検察庁法改正案)のファストトラック指定のための司法改革特別委員会全体会議を開き、これを案件として正式上程した。

しかし韓国党と正しい未来党の一部の議員が会議場の内外で阻止して正常な会議の進行が難しくなると、李相ミン(イ・サンミン)委員長が午後10時10分ごろ散会を宣言した。正しい未来党の蔡利培(チェ・イベ)議員、民主平和党の朴智元(パク・ジウォン)議員が出席せず、ファストトラック要件(在籍5分の3以上の賛成)も満たせなかった。この日の会議は午後9時20分ごろ国会本庁507号文化体育観光委員会会議室で急に開かれた。当初、司法改革特別委員会の会議は第5会議場(220号室)で開かれる予定だった。しかし会議場の入口を韓国党の議員が封鎖したため場所が変更された。

これに先立ち前日、韓国党の物理的阻止で国会議案課に検警捜査権調整のための刑事訴訟法改正案を提出できなかった民主党はこの日午後、電子立法発議システムを通じて改正案提出を完了した。このシステムで法案が発議されたのは2005年の導入後初めて。これを受け、ファストトラック4法(選挙法、高位公職者不正捜査処法理法、刑事訴訟法、検察庁法)がすべて発議された。

ファストトラック上程のキャスティングボートを握る正しい未来党は前日、金寛永(キム・グァンヨン)院内代表の呉晨煥(オ・シンファン)議員・権垠希(クォン・ウンヒ)議員強制辞・補任による問題で終日混乱していた。劉承ミン(ユ・スンミン)議員など正しい政党系議員は金院内代表が出席しない中で議員総会を開き、辞・補任の撤回を要求した。

民主党は、前日ファストトラック上程をもみ合いの中で阻止した羅卿ウォン(ナ・ギョンウォン)院内代表ら韓国党議員18人を国会先進化法違反の疑いで検察に告発した。羅院内代表は「私たちの党の議員も5人以上が負傷した。国会先進化法を云々するのは居直りだ」と反論した。

林利子(イム・イジャ)韓国党議員は文喜相(ムン・ヒサン)国会議長を強制醜行の疑いで検察に告訴した。前日ソウル汝矣島(ヨイド)聖母病院に入院した文議長はこの日、ソウル大病院に移された。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP