주요 기사 바로가기

30分遅れた「遅刻常習者」プーチン大統領、30分待たせた金正恩委員長

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.04.26 07:28
0
北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長が25日、「遅刻常習者」プーチン露大統領を30分ほど待たせた。前日に到着した金委員長は会談が行われた極東連邦大のS棟から約100メートル離れた貴賓用ホテルに宿泊していた。プーチン大統領は午後1時35分ごろ(現地時間)会談場に到着した。ロシアメディアなどが当初予想していた午後1時より30分ほど遅く到着した。ところが金委員長の車はそれから30分ほど経過した後にホテルを出発し、午後2時5分ごろ会談場に到着した。「遅刻常習者」プーチン大統領よりも金委員長が遅く現れたのだ。

プーチン大統領はS棟に先に登場してレッドカーペットに立ち、「訪問を歓迎する」として握手で金委員長を迎えた。人民服の礼服姿の金委員長も笑顔で手を強く握り、「お出迎えを光栄に思う」と答えた。

続く単独会談の冒頭発言で金委員長は「全世界の焦点が朝鮮半島問題に集中しているが、この問題を共に評価して見解を共有し、共同で調整、研究していくうえで、非常に意味のある対話になるだろう」と述べた。プーチン大統領も「南北対話の発展と米朝関係正常化に向けた金委員長の努力を歓迎する」と語った。単独会談は1時間ほど、拡大会談が3時間ほど行われた。

拡大会談後の夕食会で両首脳は並んでラウンドテーブルに座った。プーチン大統領は乾杯の言葉で北朝鮮のことわざ「力を合わせれば山をも動かすことができる」と話すと、金委員長は「朝鮮とロシアは川を一つ挟んで地脈でつながった親善的友邦」と答えた。

両首脳が座ったメインテーブルには北朝鮮側から李容浩(イ・ヨンホ)外相、崔善姫(チェ・ソンヒ)第1外務次官、李永吉(イ・ヨンギル)総参謀長が、ロシア側からはラブロフ外相、ウシャコフ大統領補佐官(国際問題担当)、トルトネフ副首相が同席した。

両首脳は夕食会会場に入場して贈り物を交換したが、ともに伝統の剣だった。金委員長は北朝鮮の伝統の剣を渡しながら「絶対的な力を象徴する。あなたを支持する私の気持ちを込めた」と語った。

プーチン大統領はこの過程で突然補佐官に硬貨を要求し、金委員長に硬貨を渡しながら「我々の風習では剣を持つ時、『私はあなたに悪意を抱いていない』という意味でお金を渡すことになっている」と話すと笑いに包まれた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP