주요 기사 바로가기

事務所側「パク・ユチョンさん、芸能界引退して専属契約解除…惨憺たる心境」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.04.24 13:56
0
麻薬使用容疑がもたれている歌手で俳優のパク・ユチョンさん(33)の所属事務所が24日、「専属契約の解除を決めた」と明らかにした。

パク・ユチョンさんの所属事務所C-JeS(シージェス)エンターテインメントはこの日午前、公式コメントを出し、「パク・ユチョンとの信頼関係を回復することができないものと判断される」と明らかにした。これは23日にパク・ユチョンさんに対する国立科学捜査院(国科捜)の麻薬反応検査の結果、陽性反応が出てきたことに伴うものだ。

C-Jes側は「当社はパク・ユチョンの潔白主張を信じて捜査状況を見守っている間、昨日、国科捜の検査結果が陽性反応だったことを記事を通じて知った」とし「パク・ユチョンの陳述を信じて調査の結果を待ったが、このような結果に接した今、惨憺たる心境」と説明した。

また「パク・ユチョンは記者会見で申し上げた通り、芸能界を引退するつもりで、今後すべての日程を全面中止して裁判所の決定に従う」と明らかにした。

C-Jes側は「当社は今回の事案の深刻性と責任を痛感し、再びこうしたことが発生しないように徹底した管理と改善のために最善を尽くす」と頭を下げた。

これに先立ち23日、警察はパク・ユチョンさんから麻薬反応検査の結果、陽性反応が出たという国科捜の検査に基づき、拘束令状を申請した。警察は19日、国科捜からパク・ユチョンさんの足の毛からメタンフェタミン(別名ヒロポン)が検出されたという通知を受けた。

パク・ユチョンさんは麻薬使用容疑で逮捕されて拘束状態で、検察に送検された南陽(ナムヤン)乳業創業者の孫娘ファン・ハナさん(31、拘束)と今年初めにメタンフェタミンを購入してファンさんのソウルの自宅などで使用した容疑がもたれている。

パク・ユチョンさんは10日の記者会見を自ら要望して「私は絶対に麻薬をしておらず、(麻薬を)勧めたことはもっとない」と話していたことがある。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    事務所側「パク・ユチョンさん、芸能界引退して専属契約解除…惨憺たる心境」

    2019.04.24 13:56
    뉴스 메뉴 보기
    パク・ユチョンさん
    TOP