주요 기사 바로가기

黄教安代表「文大統領、経済生かす外交せず金正恩の報道官役ばかり」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.04.21 10:29
0
自由韓国党の黄教安(ファン・ギョアン)代表は20日、「文在寅(ムン・ジェイン)大統領は経済を回復させる外交はまったくせず、金正恩(キム・ジョンウン)の報道官役ばかりしている」と発言した。

党代表就任後初の場外闘争に出た黄代表はこの日午後ソウルの世宗(セジョン)文化会館前で開かれた「文在寅STOP、国民が審判します」という集会で、「文大統領は対北朝鮮制裁を解除してほしいと四方八方歩き回って物乞いしているが、大韓民国の自尊心をどこに売り払ったのか」としてこのように明らかにした。

黄代表はこの日「血が沸く思いで光化門(クァンファムン)に初めて出てきた」と話し始め、「文大統領は金正恩を代弁する仕事を中断し崩壊した韓米同盟をすぐに復元せよ」と主張した。その上で「文大統領は英国首相とフランス大統領の面前で冷遇され、トランプ米大統領とは何分間単独会談をしたのか。私も首相時代に他国の大統領と話す時には最低20分は話した」と声を高めた。

黄代表はまた「文在寅政権は一様に左派独裁の道を歩いた。口では民主主義を叫びながら自由民主主義を破壊し左派天国を作った」と主張した。続けて「力もない過去の政権の人々はいくら高齢でも捕まえ、いくら重病に苦しめられても監獄に閉じ込めている。親文在寅無罪、反文在寅有罪がこの政権が語る民主主義なのか」と叫んだ。

黄代表は「青瓦台(チョンワデ、大統領府)と与党が乗り出して国民を告発し、5年前、10年前の過去の事件をすべて引っ張り出して野党弾圧の口実ばかり探している」とした。続けて「ドルイドキング事件」の共謀疑惑で逮捕された金慶洙(キム・ギョンス)慶尚南道(キョンサンナムド)知事が77日ぶりに保釈されたことと関連し、「そんなにやることがないのか。そう言いながら8800万件のコメントを操作して監房に行った金慶洙は保釈したので遠慮なく証拠隠滅ができるようにさせたもの」という主張を展開した。

黄代表は続けて「経済は大きく失敗し、安保は金正恩に物乞いする文在寅政権を審判するため、青瓦台を超え(文大統領が訪問中の)ウズベキスタンまでわれわれの声が聞こえるように叫ぼう」とし、「左派独裁中断せよ」「経済失敗の責任を負え」、「従北屈辱外交放棄せよ」などのスローガンを叫んだ。

黄代表はさらに、「国をみんな殴って壊そうとしているのではないか。開城(ケソン)工業団地にばかり集中し韓国の工業団地を生かすという話は一度も聞いたことがない。大韓民国が『ベネズエラ行き特急列車』に乗り滅びていく道を走っている」と話した。

黄代表をはじめとする党指導部と党員・支持者はこの日の集会で糾弾発言を終えた後、青瓦台近くの孝子洞(ヒョジャドン)住民センターに向け街頭行進を継続した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP