주요 기사 바로가기

「パク・ユチョン桜通り」撤去へ…「ファンクラブとボランティア団が協議中」

ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版2019.04.19 17:54
0
歌手で俳優のパク・ユチョンさんが麻薬使用容疑などで事情聴取を受けている中で、「パク・ユチョン桜通り」が撤去される予定だ。

19日、仁川(インチョン)桂陽区(ケヤング)庁建設課によると、パク・ユチョンさんのファンクラブと桂陽ボランティア団が壁画の撤去を協議中だ。パク・ユチョンさんに関する一連のこともあるが、4年前に設置されたものなので新しい壁画を描くという立場だ。

「パク・ユチョン桜通り」は仁川桂陽区西部幹線水路である西部川周辺の2014アジア競技補助競技場進入道路入口に造成され、長さが100メートルほどになる。ファンの持続的な寄付で桂陽ボランティア団が感謝の気持ちを伝えようと提案した道だが、一連のことで「気まずい道」になったという指摘を受けてきた。

パク・ユチョンさんは今月17日と18日の2度にわたる事情聴取で「麻薬は絶対にしていない」と陳述した。反面、警察はファン・ハナさんの陳述と防犯カメラ(CCTV)の映像が確保されたとし、麻薬使用を引き続き疑っている。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    「パク・ユチョン桜通り」撤去へ…「ファンクラブとボランティア団が協議中」

    2019.04.19 17:54
    뉴스 메뉴 보기
    パク・ユチョンさん
    TOP