주요 기사 바로가기

「安倍首相、27日にトランプ大統領とゴルフ会談」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.04.18 06:46
0
安倍晋三首相が新天皇の即位を控えて今月末に米国を訪問し、27日(現地時間)にトランプ米大統領とゴルフ会談をするという報道があった。

17日の米政治メディア「ポリティコ」によると、安倍首相は26日にメラニア夫人の誕生日夕食会に出席した後、翌日、トランプ大統領とゴルフをする予定だ。

ポリティコは「日本が新天皇の即位儀式(5月1日)をする時、安倍首相は時差のために疲れた状態かもしれない」とし、トランプ大統領との関係を築くために6700マイル(約1万800キロ)離れた「36時間の出張」をすると伝えた。「どの指導者も日本の首相ほどトランプ大統領と親密になろうとした人はいない」とも付け加えた。

安倍首相がトランプ大統領との関係に死活をかけるのは、米国から外交的な譲歩を引き出す道だと信じて2年以上も歓心を買おうとしてきたということだ。日本の立場では、中国牽制のためにもトランプ大統領の心を引く努力が必要で、すでに課された鉄鋼およびアルミニウム関税を覆すための経済的な目的も含まれている、メディアは解釈した。

安倍首相はトランプ大統領の好みに合わせるためツイッターを含むレトリック分析もしているという。トランプ大統領の5月の訪日でどうすれば強い印象を与えられるかについて、日本の外交官がホワイトハウス参謀および米国人教授を相手に苦心していると伝えられた。

しかし安倍首相を非難する陣営は、安倍首相のこうした追従的な行動は見返りを十分に受けられなかったと揶揄してきたと、ポリティコは伝えた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP