주요 기사 바로가기

米国、中露へのステルス技術流出を警戒…日本F35A残骸を捜索

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.04.15 08:52
0
米国が高空偵察機U2ドラゴンレディと戦略爆撃機B52スストラトフォートレスを太平洋に墜落(9日)した日本航空自衛隊F35Aステルス戦闘機の捜索作戦に投入したことが分かった。

航空機の飛行をモニタリングするエアクラフトスポット(Aircraft Spots)によると、米国空軍のU2が13日に三沢空軍基地付近の上空で確認された。この偵察機は韓国烏山(オサン)空軍基地を離陸したものだと、エアクラフトスポットは明らかにした。

また米空軍の2機のB52が11日、グアムのアンダーセン基地を離陸した後、日本のF35Aが最後に交信した海域に向かった。9日、10日にもそれぞれ1機のB52がアンダーセン基地から該当海域に出動した。B52が3日連続で日本に向かったのは極めて異例だ。

米軍はU2とB52の出動を外部に公開せず、飛行任務の目的についても沈黙した。しかし9日に日本のF35Aが墜落した海域を飛行した点からみて、捜索作戦にこれら機体を投入した可能性が高い。冷戦時代に米国でソ連内部の目標物まで飛行して核爆撃する目的で開発されたB52は捜索・救助作戦にも動員された。昨年6月19日(現地時間)に太平洋で6人が乗ったカヌーが行方不明になると、米空軍は同月15日にB52を投入した。投入から3時間後、B52はカヌーを発見した。

これとは別に米海軍は海上哨戒機P8ポセイドンとイージス駆逐艦を事故海域に急派した。

米国がこのように積極的に捜索しているのは、中国とロシアが墜落したF35Aを先に発見することを懸念しているためだという分析が出ている。米空軍のある中将は米メディアのインタビューで「重要な点は、日本や米国が墜落機体を速やかに回収しなければ米国の未来の航空力に良くない影響を及ぼすということ」と述べた。

中国とロシアは独自のステルス戦闘機を開発したが、米国との技術格差がまだ大きい。このため中国とロシアがF35Aを分析しようとする可能性があるということだ。

中国とロシアは逆工学を通じて米国の武器を分析してきた。ソ連の最初の空対空ミサイルR-3は米国のAIM-9Bサイドワインダーをモデルにしている。1958年9月24日、台湾空軍のF86は中国空軍のミグ17との空中戦で、米国が支援したサイドワインダーミサイルのおかげで大勝した。ところがこのミサイル1発が不発となり、中国のミグ17の後尾にそのまま残った。中国は不発ミサイルをソ連に提供し、ソ連はこれに基づいてR-3を設計した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    米国、中露へのステルス技術流出を警戒…日本F35A残骸を捜索

    2019.04.15 08:52
    뉴스 메뉴 보기
    F35A
    TOP