주요 기사 바로가기

韓国市民団体「WTO勝訴で食卓の安全を守ることができた」

ⓒ 中央日報日本語版2019.04.12 13:57
0
世界貿易機関(WTO)上級委員会が韓国政府の福島など8県産の水産物輸入禁止措置がWTO協定に合致すると判定したことに対し、韓国の市民団体が歓迎のコメントを出した。

「日本産水産物輸入対応市民ネットワーク」は12日午前、ソウル光化門(クァンファムン)の政府中央庁舎前で記者会見を開き、「国民の安全が勝利した。1審敗訴という不利な状況を覆すために努力した政府に感謝する」と明らかにした。

続いて「WTO勝訴で私たちの食卓の安全を守ったが、これでは満足できない」とし「政府は1審の失敗と2審の勝訴過程の成果と問題点を十分評価して、今後の対応に反映しなければならない」と強調した。

また「日本産食品を含めた放射性物資検査をさらに徹底して施行し、福島原発状況に対するモニタリング、放射能汚染調査、原産地表示制の改善なども推進しなければならない」と話した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP