주요 기사 바로가기

文大統領支持率48.1%…「迅速な山火事への対処が好評に」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.04.11 17:31
0
文在寅(ムン・ジェイン)大統領の国政運営支持率が小幅上昇して40%台後半となった。

11日、世論調査専門機関リアルメーターがtbsの依頼で8~10日全国有権者1508人を対象に文大統領の国政運営評価を調査した結果、肯定的な評価は前週より0.8%ポイント上がった48.1%だった。

一方、否定的な評価は0.8%ポイント下がった47.0%となった。

リアルメーターは「国政遂行に対する肯定的な評価の上昇は江原(カンウォン)山火事に対する政府の対処が世論の好評を得たと分析される」と分析した。

だが「長官候補者の任命強行や韓進(ハンジン)グループの趙亮鎬(チョ・ヤンホ)会長の死去、青瓦台(チョンワデ、大統領府)警護処長のパワハラなどが集中し、上昇幅が鈍化したと見られる」と説明した。

具体的には湖南(ホナム)や釜山(プサン)・蔚山(ウルサン)・慶南(キョンナム)、大邱(テグ)・慶北(キョンブク)、50代、進歩層で国政遂行の支持率が下落したが、忠清(チュンチョン)圏やソウル、20代と60代以上、保守層と中道層では上昇した。

政党の支持率は共に民主党が先週より2.4%ポイント下がった36.5%、自由韓国党が前週と同様な31.2%となり、両党の格差がさらに狭まった。

正義党は2.0%ポイント上がった9.2%、正しい未来党は0.4%ポイント下がった4.9%、民主平和党は0.2%ポイント下がった2.4%だった。

無党派層は0.9%ポイント上がった14.0%だった。

今回の世論調査の標本誤差は95%信頼水準で±2.5%ポイントだ。回答率は5.3%を見せた。詳しい事項はリアルメーターホームページと中央選挙世論調査審議委員会のホームページで確認することができる。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP