주요 기사 바로가기

追い込まれた金正恩委員長…北朝鮮経済が揺れている(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.04.11 16:17
0
毎年、北西から季節風が強く吹く12月-3月には北朝鮮の難破船が日本の海岸に押し流される。日本海上保安庁によると、昨年、北朝鮮の漂流漁船は200件を超え、過去最多だった。1年前(130件)に比べて70%増えた。こうした悲劇は水産物の輸出が黄金の卵を産んだからだ。北朝鮮の漁獲量は2011年の69万トンから2016年には100万トンに増え、うち90%が1億5000万ドルで中国に輸出された。北朝鮮漁民は古い木造漁船に乗って大和堆漁場など遠海での「漁労戦闘」に向かう。

不思議なことに1月15日以降、北朝鮮の幽霊船舶に関する日本メディアの報道が途絶えた。強い北西風にもかかわらず80日以上も難破船が流されてこないという。専門家は2つの背景があるとみている。まず、対北朝鮮制裁で水産物の販路が封鎖されたのだ。輸出拠点だった琿春と丹東からは北朝鮮の海産物が消え、密輸されても安値で取引されるという。選別作業がないうえ、鮮度など品質も落ちるからだ。また石油の輸入が減り、漁船用燃油の供給も難しくなった。対北朝鮮制裁が死の操業を遮断したのだ。

北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長は2011年12月の執権後、成功をつかんできた。核・ミサイル武力を完成させ、経済は「ゴルディロックス相場」を維持してきた。李明博(イ・ミョンバク)、朴槿恵(パク・クネ)保守政権は「北朝鮮経済は近いうちに崩壊する」という幻想の中で時間を送った。しかし中国という変数を看過した。むしろ無煙炭の対中輸出が急増し、北朝鮮は類例のない好況を迎えた。1トン70ドル水準だった国際相場が2011年201ドル~2014年110ドルに上がるとプラス経済成長を繰り返した。無煙炭値が90.9ドルに落ちた2015年に限り成長率が-1.1%と後退した。

北朝鮮経済構造は毎年、無煙炭輸出10億-13億ドル、衣類賃加工輸出7億ドル、海外派遣労働者10万人の賃金3億ドル、水産物輸出1億5000万ドルなどの大きな塊りで構成されている。このように稼いだ外貨で石油、食糧、生活必需品を輸入してきた。北朝鮮貿易には特異な点が見られる。輸出する時は国際相場より安く売り、輸入する時は高く買う。その差がキックバック(賄賂)だ。売上高の7-10%のこうした差額が北朝鮮の党・軍部に流れて潤滑油の役割をする。

国連の対北朝鮮制裁は2016年の前後で明確に異なる。2016年以前は予防注射をするレベルだった。核・ミサイル用部品とぜいたく品の輸入禁止が核心だった。しかし北朝鮮の4回目の核実験とミサイル発射後には資金を遮断して経済を封鎖する方向を定めた。2017年12月までに出てきた5つの制裁決議案(2270号、2321号、2371号、2375号、2397号)が代表的な例だ。石炭輸出禁止、海外労働者の送還、水産物および衣類賃加工輸出禁止、原油凍結および石油輸入50万バレル制限などで、北朝鮮の外貨獲得通路の90%以上を遮断したのだ。さらに米国との通商紛争で守勢となった中国が受動的ではあるが対北朝鮮制裁に参加したのも決定的な違いだ。

これによって北朝鮮の2018年の対中輸出は2億1314万ドルと、前年比88%減少し、ほとんど崩壊レベルにある。経済成長率も2017年が-3.5%、18年が-5%(推定)と後退している。2018年は南北・米朝・中朝首脳会談で「制裁が近く緩和されるだろう」という期待心理があった。しかしハノイ米朝会談が決裂し、北朝鮮経済が揺れる状況だ。昨年下半期以降、平壌(ピョンヤン)のマンション価格(入居権)は半分に落ちた。鉄鉱石団地の茂山(ムサン)鉱山は浸水し、金策(キムチェク)製鉄所は中国産コークスの輸入がふさがって停止しているという。今年に入って主要国営企業も部品・資材不足で次々と稼働が中断している。さらに衣類賃加工輸出がふさがり、軽工業分野の雇用崩壊も深刻なレベルだ。
追い込まれた金正恩委員長…北朝鮮経済が揺れている(2)



関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP