주요 기사 바로가기

韓国芸能事務所の「練習生」の厳しい人生…「成功できなかった時の副作用が大きすぎる」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.04.09 14:34
0
子どもたちに将来なりたい職業を聞くと、誰も彼もが芸能人になりたいと言い、10代になればアイドル練習生になる世の中だ。競争が激しいため芸能人になるための準備過程も容易ではない。いわゆる「練習生」として約束のないデビューを準備する。

歌手MAYDONI(28、本名キム・メイダニ)は2001年に放送された「パク・ジニョンの英才育成プロジェクト、99%の挑戦」で選ばれて11歳でJYP練習生としてその第一歩を歩み始めた。2AMのチョ・グォン、Wonder Girlsソネらが練習生の同期だ。その後、YGエンターテインメントに移籍して計8年の練習生時代を送った。

MAYDONIは「昼休みまで学校の授業を受けてすぐに会社の練習室へ向かった」とし「ダンスと歌を学び、外国語を学習して、運動して、ご飯もそこで食べた。家は寝に帰る場所だった」と話した。体重管理は基本だった。問題は正常体重以下の体重が望まれていたということだった。MAYDONIは「デビュー前に38キロまで落とせとの指示が下った」とし「食べ盛りの年齢だったのでストレスが本当に多かった」と明らかにした。恋愛は絶対不可だった。MAYDONIは「BIGBANGのメンバーたちと携帯電話の番号を交換するとマネジャーが見ていて削除する場合もあった」とし「スケジュールを一緒にしたことがあるが、所属事務所の社長が男性練習生とタクシーも一緒に乗れないようにした」と回想した。最も辛かったのは同僚練習生との比較だった。MAYDONIは「大勢集まる席で他の練習生との比較が絶対にあった」とし「友人ではなく競争相手になってしまった」と吐露した。その一方で「そのためにより良いアーティストが誕生するようだ」と認めた。

MAYDONIは「11歳にもう一度戻れるなら絶対に練習生にはならない。もっと年を取ってからする」と語る。音楽が好きで進んだ道だが、10代の時だけにしか経験できない平凡なことを諦めなければならなかったためだ。MAYDONIは「今考えてみれば約束のない歌手という未来に学生時代をすべて注ぎ込むというのは途方もない挑戦だった」とし「一生歌手をするつもりだが、歌手以外に他のことができるかどうか考えた時、できることがない」と打ち明けた。あわせて「練習生になりたいと思っている人がいるなら、両親と相談して、本当に慎重に考えて決めてほしい」と助言した。

20歳の時に練習生として所属事務所に入り、歌手としてデビュー、現在はユーチューバーとして活動中のモッチャンワールドの話も大きく違わない。彼女は「一番辛かったのは未来に対する不安だった」とし「1年間でデビューするアイドルだけでも何百組にのぼるが、テレビに顔だけでも映るアイドルは数えられるほど。学んだことがそれだけなので練習生をやめてもできることがあまりない」と明らかにした。続いて「精神的にも身体的にも自分の限界まで挑戦する機会だった」とし「練習生一人ひとりが結局みなデビュー競争者なので『ここで押し出されたら終わり』という考えで耐えた」と付け加えた。

文化体育観光部はこのようにダンスと歌しか学ぶことができない青少年練習生の基本権を保障するために、先月5日「青少年大衆文化芸術家標準付属合意書」を制定した。付属合意書は企画業者が青少年大衆文化芸術家の自由選択権、学習権、人格権、睡眠権など基本権を保障するために努力しなければならないということを明示した。また、年齢にともなう大衆文化芸術サービス提供時間を明示して15歳未満の青少年は1週間につき35時間以内、15歳以上の青少年は1週間につき40時間以内のみ練習することができる。

ただし、実効性に対する疑問もある。所属事務所が標準契約書を書かなければならない義務や強制性がないためだ。大衆文化評論家のハ・ジェグン氏は「未成年者は社会化を経るべきだが、芸能人教育だけに没頭すれば成功できなかった時の副作用がとても大きい」とし「成功したとしても人格がきちんと発展していなければ後で問題が生じる可能性がある」と指摘した。ハ氏は「未成年者を事業手段としてのみ利用しようとする一部業者の見方を矯正するために、韓国演芸マネジメント協会などが自浄努力をしなければならない」と付け加えた。

◆練習生1440人、未成年が半分

韓国コンテンツ振興院が昨年発刊した「2017大衆文化芸術史業実態報告書」によると、大衆文化芸術産業企画業分野のうち、所属練習生がいる業者は261カ所(13.4%)で、全体練習生数は1440人であることが分かった。2014年に実施した同じ調査に比べて240人増加した。分野別では歌手練習生が1079人(75%)で大部分を占めて、演技者352人、モデルが3人だった。年齢別では「満18歳以下」の練習生が665人(46%)で半分ほどを占めた。特に、満16~18歳の年齢帯で、2014年比298人が増加するなど最も大きな違いを示した。所属事務所が明らかにした練習生1人当たりの月平均支出費用は118万ウォン(約11万5000円)で、このうち教育費が78万ウォンだった。所属練習生と「契約書を作成する」という回答は69.1%だったが、平均契約期間は約3年2カ月だった。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓国芸能事務所の「練習生」の厳しい人生…「成功できなかった時の副作用が大きすぎる」

    2019.04.09 14:34
    뉴스 메뉴 보기
    現在、歌手として活動しているMAYDONI(28、芸名)。(写真提供=MAYDONI)
    TOP