주요 기사 바로가기

韓経:中国、今度は韓国の病院までコピー

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.04.09 09:06
0
中国の韓国ブランドコピーが医療界にまで続いている。中国のある美容病院が韓国の肥満病院ブランドを無断盗用し法廷に立つことになった。

肥満治療ネットワーク病院365mcは先月成都怡脂医療美容病院を相手取った告訴状を中国成都工商局に提出したと8日に発表した。中国の成都二至医療美容病院は各種広報物を通じ365mcと技術協力を結んだと紹介した。365mcの技術をそのまま導入したともした。だが365mcはこの病院に技術を伝授していないだけでなく、何の関係もないと説明した。この病院は365mcの脂肪吸入手術ブランドであるLAMS、人工知能(AI)脂肪吸入手術などをそのままコピーし自分たちの技術だと案内した。「イージースカルプト365mc」「365mcLAMS」など模倣ブランドで商標出願もした。これらはすべて365mcの治療法などをまねたものだ。

中国は無断盗用が疑われても3カ月程度の公告期間中に異議申し立てがなければ先に登録したところに商標に関する優先権を与える。こうした制度を悪用したと判断されると365mcは説明した。病院関係者は「1日2日遅れただけでも中国の病院が出した商標権が認められていただろう。患者の命と安全を担保にした世界的にも類例のない盗用行為であり強硬対応するだろう」とした。



関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP