주요 기사 바로가기

【社説】韓国外交部の相次ぐミス…外交ライン全般の刷新が至急だ

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.04.04 09:33
0
外交部が報道資料で欧州北部の「Baltic(バルト)」国家を「Balkan(バルカン)」国家と表記し、在韓ラトビア大使館の抗議を受けて訂正した。ヴァイヴァルス駐韓ラトビア大使は怒りを表し、他国の大使に誠意のない韓国外交部を嘆いたという声も聞こえる。まさに外交の恥だ。第3国の外務省が韓国を「東南アジア国家」と紹介するのと変わらない。単純な錯誤としてうやむやにすることではない。政府にはこの1年11カ月間、多くの外交的な失敗と欠礼があった。

昨年11月に文在寅(ムン・ジェイン)大統領がチェコを訪問した当時、チェコをチェコスロバキアと表記し、先月の文大統領のカンボジア訪問では説明資料に台湾の国家両庁院の写真を載せた。また文大統領はマレーシアでインドネシア語のあいさつをし、飲酒が禁止されたイスラム国家のブルネイで乾杯を提案した。昨年10月にベルギーで開催されたアジア欧州会合(ASEM)では文大統領が適時にエレベーターに乗ることができず、首脳団体写真の撮影に参加できない事態も発生した。

外交部と青瓦台(チョンワデ、大統領府)、現地公館に経験豊かな専門家や官僚が布陣し、連携システムが正常に稼働していれば、このようなことは起こらない。外交部と青瓦台関連組織の規律弛緩と力量不足に指揮ラインの無能まで、総体的な問題を表したのだ。それでも文大統領の側近のタク・ヒョンミン前青瓦台選任行政官は「相手国が何も言っていないのに『欠礼』を云々することこそ相手国に対する欠礼だ」と強弁した。

いま国をめぐる対外的状況は非常に良くない。ハノイ米朝首脳会談の決裂後、北朝鮮非核化はオールストップし、韓米同盟はあちこちできしむ音が聞こえる。韓日関係は歴代最悪で、韓中関係も円滑でない。ところが主務部処の外交部はこうした懸案にしっかりと精巧に対応するのではなく、初歩的レベルのミスを連発し、基本的な力量まで疑わせる。

現政権の外交関連問題は青瓦台が外交部を押しのけて核心懸案に直接関与する「外交部パッシング」基調とも無関係ではないようだ。青瓦台は経験豊富な専門外交官を「積弊」と見なして退け、主要国の大使に自身の陣営の人たちを任命した。このため一線の外交官は青瓦台の反応ばかり気にしながら適当に処理することが習慣になるしかない。これではまともな外交はできない。康長官を含めて外交ライン全般の刷新が急がれる。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP