주요 기사 바로가기

【取材日記】韓国財閥3世の「麻薬パーティー」と彼らが住んでいる世界

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.04.02 22:02
0
韓国財閥家3世の犯罪スキャンダルにはトレンドがある。2年前、ハンファ3世の暴行事件を経て昨年は大韓航空3世のパワハラで財界が騒々しかった。今年は麻薬が波紋の中心だ。今月1日、麻薬購入容疑で警察に立件された事実が知らされたSKグループ創業者の孫チェ氏(31)と現代一家3世のチョン氏(29)のことだ。

米国の社会学者エドウィン・サザーランドは1930年代に有名な犯罪学習理論を出した。特定の集団が自分たちだけの道徳体系の中で犯罪行為の肯定的な面を多く頻繁に学習する場合、犯罪をますます簡単に学ぶようになるという内容だ。韓国では「草緑は同色」ということわざがこれを代弁している。

SK3世のチェ氏と現代家の3世チョン氏はともに同じ麻薬供給者から大麻を購入した。警察は麻薬供給者イ氏から、チョン氏とチェ氏が大麻購入の問い合わせをしたという陳述も確保したと伝えられた。

財閥家の実践教育を指摘する声も高い。京畿(キョンギ)大学犯罪心理学科のイ・スジョン教授は「普通の人は他人同士どうしの競争だが、財閥3世は家族間の競争から来る非人格的環境にさらされる可能性もあっただろう」としながら「幼少年期には両親とのふれあいから韓国社会に合う道徳規範を学習するものだが、早期海外留学などの影響で韓国社会で望ましいとされている規範を学ぶ過程を飛ばす放縦が生じたものとみられる」と診断した。

チェ氏は米国ニューヨークのパーソンズデザインスクールを卒業するなど主に海外で修学した。供給者イ氏とも留学中に知り合った関係だと警察は把握している。留学派財閥3世同士が集まって麻薬に対する肯定的な認識を共有したのではないかと疑われている。

パワハラ・麻薬など財閥3世の相次ぐスキャンダルに金持ちは3代は続かないという意味の「富不三代論」まで登場している。高麗(コリョ)大学社会学科のキム・ムンジョ名誉教授は「3代まで継がれてきた韓国財閥家は大きな分岐点にあるのは事実」としながら「創業1世代とその過程を近くで見守った2世代とは違い、直接的な体験がない3世代は企業に対する情熱が薄くなりやすい集団」と話した。

SK3世チェ氏は創業者の故崔鍾建(チェ・ジョンゴン)会長の長男である故チェ・ユンウォン前SKケミカル会長の一人息子だ。崔泰源(チェ・テウォン)SKグループ会長とは5親等の甥とおじの関係だ。チョン氏も創業者の故鄭周永(チョン・ジュヨン)名誉会長の孫で鄭夢一(チョン・モンイル)氏の息子だ。その間、財閥家子女は血という理由で富を世襲してきた。しかし「麻薬パーティー」に対する犯罪意識まで希薄な金のスプーンの企業継承を容認する国民はこれ以上いない。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP