주요 기사 바로가기

韓国で中国漁船2隻拿捕…春になって違法漁船増加

ⓒ 中央日報日本語版2019.03.28 11:36
0
西海(ソヘ、黄海)地域の本格的な操業が始まる春が近づき、違法中国漁船の韓国西海地域への侵犯が増え始めている。

中部地方海洋警察庁西海5島特別警備団は、「排他的経済水域(EEZ)における外国人漁業などに対する主権的権利行使に関する法律」違反容疑で30トン級の中国漁船2隻を拿捕したと28日、明らかにした。

これら漁船は、前日午後4時ごろ仁川市甕津郡小青島(インチョンシ・オンジングン・ソチョンド)の南西80キロ沖でEEZを1キロほど侵犯して違法操業をし、海洋警察の停船命令を拒否して逃走した容疑がもたれている。拿捕当時、漁船2隻には船長のほか乗組員6人が乗っていて、漁船内の魚倉には約100キログラムの雑魚があった。

西海5島特別警備団関係者は「来月から春漁期のワタリガニ漁が始まり、中国漁船の違法操業も継続して増えるものとみている」とし「今後も強力に取り締まっていく」と話した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓国で中国漁船2隻拿捕…春になって違法漁船増加

    2019.03.28 11:36
    뉴스 메뉴 보기
    違法操業の中国漁船(写真提供=中部地方海洋警察庁西海5島特別警備団)
    TOP